fbpx

大発会の日経平均は米vsイランの影響を受けて一時500円安。2020年は暴落でスタート

2020年大発会の日経平均株価は、2万3,319円でスタート。年明け早々の1月4日、米軍によるカセム・ソレイマニ将軍殺害を発端にしたアメリカとイランの緊張の高まりを受けて336円安で始まり、前場はその後もジリジリと値を下げて一時500円安の場面も。個別銘柄では防衛関連が物色され、細谷化工<4274>、豊和工業<6203>、石川製作所<6208>などがS高となった。

日銀の買いが入るか、イラン報復の続報があるかなど、後場からの展開に注目が集まる。

日経平均株価 15分足(SBI証券提供)

日経平均株価 15分足(SBI証券提供)

ツイッターの反応は

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by:Immersion Imagery / Shutterstock.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー