fbpx

新規上場の恵和は、ワークマンで注目高まるアウトドア用新素材開発でさらなる成長へ?

恵和<4251>は、2019年10月30日東証2部に新規上場しました。同社の株価は、公募価格770円に対して初値は+33.25%の1,026円をつけました。(イノベーションの理論でみる業界の変化

本記事は『イノベーションの理論でみる業界の変化』2020年1月7日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:山ちゃん
東京でシステムエンジニアおよびITコンサルタントとして大企業の情報システム構築に携わったあと、故郷にUターンし、現在はフリーで活動。その後、クリステンセン教授の一連の名著『イノベーションのジレンマ』『イノベーションへの解』『イノベーションの最終解』を読んで衝撃をうけ、イノベーションをライフワークとしている。

初値は公募価格から33.25%上昇し、1,026円でスタート

恵和をジョブ理論の視点からみる

恵和株式会社<4251>(以下、同社)は、2019年10月30日東証2部に新規上場しました。業務内容は、光学シートおよび包装・産業資材の開発・製造・販売です。

同社の株価は、公募価格770円に対して初値は1,026円をつけました。差異率は+33.25%と値をあげました。なお、1月6日時点の株価は2,329円です。

クレイトン・M・クリステンセン他『ジョブ理論』(ハーパーコリンズ・ジャパン)によれば、この理論はクリステンセン教授たちが長年の歳月を費やして練り上げたもので、次の新しい機会を見つける方法を示し成長のための筋道を明らかにするだけでなく、イノベーションを予測可能にし、その効果は、アマゾンのジェフ・ベゾスらによっても確認されているといいます。

では、このレンズを通して同社のビジネスモデルを眺めると何がみえてくるのでしょうか。これはまたある意味において、イノベーションを生み出すための「思考実験」だともいえます。

ビジネスモデルの特徴

同社グループは、光学シート事業および機能製品事業の2つの事業を展開しています。光学シート事業は、国内外の顧客企業に対し、スマートフォンなどの液晶ディスプレイに利用される光拡散フィルム等の光学シート部材を販売し、その対価として収益を得ます。

機能製品事業は、国内外の顧客企業に対し、防湿性・耐熱性・耐久性・対候性等の特定の機能を付加した包装資材、産業資材を販売し、その対価として収益を得ます。

ビジネスモデル的にみれば、いずれの事業のそれも、未完成または不完全な事物を高付加価値の完成品(光学シート部材や包装・産業資材)へと変換する価値付加プロセス型事業です。

同社グループは、対処すべき課題の一つとして「新規事業の創出」を、事業等のリスクとして「販売価格の変動」「原材料等価格の変動」「為替相場の変動」「有利子負債比率と金利変動」等をあげています。

Next: 恵和が今後、成長するために取り組むべき課題とは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい