fbpx

金融政策の現状維持を決定したFRB、今後の動向の行方は市場のリスク感応度次第へ=久保田博幸

1月29日のFOMCでFRBは、今回も前回同様に現状維持を決めた。これにより昨年の利下げはあくまで予防的なものであり、金融政策の姿勢は中立に戻した格好だ。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

中国の新型コロナウイルスの経済リスクに関する言及はなし

物価の景気動向よりも市場のリスク感応度の大きさが金融政策に影響

1月29日のFOMCでは、政策金利のフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を年1.50~1.75%での維持を全会一致で決めた。

そして、銀行の超過準備に適用する付利(IOER)を1.60%と5ベーシスポイント引き上げた。これは短期金融市場の需給が逼迫したことを受けて、短期国債やシステムレポの実施行ったものの、上昇は抑制させれたが、やや下がりすぎて、FF金利のレンジの下振れを抑制する為の措置とされる。

声明では、個人消費の伸びについて、力強いペースから穏やかなペースに修正したが、大きな修正はなかった。声明内では、中国の新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が及ぼす経済的なリスクについては特に言及はなかった。

会合後の会見でパウエル議長は、貿易における不確実性は最近いくらか減ったものの、新型コロナウイルスによる肺炎など先行きの不透明さは存在すると発言していた。中国経済への影響は明白としつつも、米経済見通しや世界への影響を見極めるには時期尚早として、状況を注視していると述べた。

このタイミングで、今回の新型コロナウイルスによる肺炎拡大による世界経済への影響を見極めるのはたしかに難しい。しかし、中国国内での企業の活動が抑制されていることも確かであり、これが長引けは中国発の世界のサプライチェーン(供給網)に影響が出る可能性がある。

FRBは今回も前回同様に現状維持を決めた。これにより昨年の利下げはあくまで予防的なものであり、金融政策の姿勢は中立に戻した格好となった。今年に入り、中東情勢の悪化や今回の中国の新型肺炎など、いわゆるブラックスワンが現れてはいるが、金融政策の修正が必要なほどリスクが大きくなっているわけでは、いまのところない。

しかし、昨年もそうであったが、物価や景気動向よりも市場でのリスク感応度の大きさが中央銀行の金融政策に影響を与えていることもたしかであり、市場でのリスク感応度が再び高まるような事態となれば、中央銀行の政策変更の可能性も出てくることも確かである。


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】FOMC、政策金利据え置きに市場ガッカリ。見通しは「消費減速、製造業は底打ち」=高梨彰

【関連】日銀がデジタル通貨の共同研究に参加、世界の基軸通貨ドルを有す米FRBは慎重な姿勢=久保田博幸

【関連】楽天「送料無料」騒動で客離れ加速。なぜAmazonやYahoo!と差がついたのか?=栫井駿介

image by : blvdone / Shutterstock.com

牛さん熊さんの本日の債券』2020年1月30日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,100円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー