fbpx

政府統計「不正」準備万端?景気悪化を認めぬ安倍政権が数字のお化粧方法を密かに告知=斎藤満

安倍離れ現象も

もう1つ注目されるのが役人の対応です。統計上の処理は、専門的に見えますが、見る人が見れば問題が分かります。

絶対的人事力を持った政府に忖度すれば、あえてリスクもとるでしょうが、「安倍政権は長くない」とみれば、そんな無理はしないかもしれません。

つまり、役人が数字の「化粧」をしないでそのまま弱い数字をあえて出してくれば、それは政権に見切りをつけたことになります。

内閣府のホームページでは今のところ消費の季節調整で「異常値ダミー」を使うと言っていますが、これを限定的に扱うか、取りやめにするようだと、逆に政権が見切られたことにもなります。

GDPで消費をどう扱うか、いろいろな意味で注目されます。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】なぜ中国人は新型コロナウイルスの発生源らしいコウモリを食べるのか?=浜田和幸

【関連】ついに中国発「コロナ・ショック」が金融市場を直撃、世界同時株安へ=らぽーる・マガジン

<初月無料購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー>

※2020年2月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年2月配信分
  • 鵜呑みにできない政府統計(2/5)
  • FRBにレポオペ解除不能危機(2/3)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『マンさんの経済あらかると』2020年2月5日の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】安倍政権「消費増税の影響は小さい」は大嘘、庶民は必死に生活防衛している=斎藤満

【関連】40代のリストラ加速。人手不足は大嘘で、超低賃金の単純労働者だけを求める日本社会=今市太郎

【関連】これで外交の安倍?トランプに「もっとも媚びる野郎」と馬鹿にされる日本の首相=今市太郎

1 2 3

マンさんの経済あらかると』(2020年2月5日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

マンさんの経済あらかると

[月額880円(税込) 毎週月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー