fbpx

これで外交の安倍?トランプに「もっとも媚びる野郎」と馬鹿にされる日本の首相=今市太郎

トランプの新暴露本が話題になっています。米国にいる知人から「お前の国のPM. Abeが、かなり面白く馬鹿呼ばわりされているぞ」というので、購入してみました。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2020年2月2日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバッグナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

何でも言うことを聞く「媚びへつらい」だからいつでも会える?…

安倍首相がトランプに馬鹿にされている?

さて、今回のメルマガで取り上げたいのは、トランプの新暴露本の中に登場する面白話に関する噂です。

1月21日、国会が始まって安倍首相が妙な所信表明演説などを行っている最中に、米国では大統領選を睨んだのか、実に興味深い本が出版されました。

ワシントン・ポストの調査報道記者、フィリップス・ラッカ一、キャロル・リオネグが書いた『A Very Stable Genius』という本です。

もともとこのタイトル『A Very Stable Genius』は、トランプ自身が2018年1月にツイートで自分のことをこう称したことからつけられたもの。

日本語にすれば、さしずめ『もっとも安定した天才』とでもいう意味なのでしょう。

ここまで自画自賛していれば世話がないというものですが、この本はKindle本にもなっているので、国内からも簡単に手に入れて読むことができます。ご興味のあるかたは、入手していただきたいと思います。

この本は、出版されてからベストセラーになっているわけですが、米国にいる知人から「お前の国のPM. Abeが、かなり面白く馬鹿呼ばわりされているぞ」というので、さっそく購入してみました。

さすがに中身を散々暴露すると著作権侵害になりかねないので、あくまで安倍さんのことを記載した部分だけを取り出して、概要をご紹介することにしたいと思います。

本当にノーベル平和賞をもらうことに意欲満々だったトランプ

この本で安倍さんがもっとも登場するのが、トランプが昨年8月にノーベル平和賞を獲得するためにどうするかを熟考していたくだりです。

やはりトランプは、何もしないでいきなり受賞してしまったオバマと比較して、自分が北朝鮮との間で平和を実現しているのだから、ノーベル平和賞をもらってもおかしくないと強く考えていたようです。

Next: なんでも言うことを聞く「媚びへつらいの安倍氏」と馬鹿呼ばわり

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー