fbpx

バナナは5月に消える? フィリピン都市封鎖でアジア流通量の90%が消失へ=浜田和幸

美味しいバナナが安く食べられる時代は終わる?

日本人の多くは輸入業者を含めて、迫りくる「バナナ危機」に気づいていない。

「フィリピンがだめなら世界最大のバナナ輸出国のエクアドルから買えばいい」。

そんな声も聞こえる。

ところが、世界第1位のバナナ大国エクアドルもまた、「COVID-19」で国家経済が破綻寸前で、バナナの輸出が思うに任せない緊急事態に陥っていることは日本ではまったく知られていない。

エクアドルはかつて中南米で最も豊かな経済を誇っていたが、政治の腐敗が蔓延し、今では国際通貨基金(IMF)の資金援助にすがらざるを得なくなった。

医療体制も崩壊し、キューバから支援に来ていた1,000人の医師も全員退去する有様だ。

中南米の中では新型コロナウィルスが最も深刻化するホットスポットになっている。

とてもフィリピンに代わって日本にバナナを輸出できる状況ではない。

ぶっちゃけ、美味しいバナナがいくらでも安く食べられる時代は終わりを迎えようとしている。

有料メルマガ好評配信中! 続きはご購読ください

【関連】地球から政治家が消える?欧州で「人工知能」に政治を任せる動きが拡大中=浜田和幸

【関連】消費税ゼロ%で救える命。コロナ恐慌で死ぬ間際にも黙って10%を払い続けるのか?=鈴木傾城

<メルマガ購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

※2020年4月中に定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・いつまで続く?新型コロナウィルスの先行きは不透明(4/17)
・バナナが店頭から消える日:それは2週間後!(4/17)
・アメリカでは地下シェルター都市が大人気:富裕層の逃げ場(4/10)
・同居する家族以外との会合は全て禁止!シンガポールのコロナ対策(4/10)
・コロナで苦しむ2000頭の象を見捨て、ドイツに逃れたタイの国王(4/3)
・今こそ日本株を買い進める冒険投資家ジム・ロジャーズ(4/3)
いますぐ購読!

image by:bydvvid / Shutterstock,com

※本記事は有料メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』2020年4月17日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読ください。

【関連】騒がれていた温暖化は「氷河期」再来の前触れだった?太平洋の海底温度は低下中=浜田和幸

【関連】コメディ俳優が大統領に就任。ウクライナ国民が汚職と米国支配にNOを突き付けた=浜田和幸

1 2

浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』(2020年4月17日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』

[月額550円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
かつて人気を博したニッポン放送オールナイトニッポンの「世界びっくりニュース」を彷彿とさせるべく、フランクな語り口で、知られざる内外の『ぶっちゃけ話』をお届け致します。例えば…① 「爆買い」中国人観光客を上回る金額を日本で消費している国がある!?② 「発明王エジソン」の遺言を頼りに、無料の無限エネルギー開発に成功した企業がある!?③ 「不動産王」にしてアメリカ大統領候補トランプ氏に、北方領土問題解決の秘策あり!?…その他耳よりの情報が満載!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー