fbpx

逆オイルショック?原油先物価格「史上初のマイナス」もガソリンが激安にならないワケ=高梨彰

ガソリン価格の6割が税金

で、最後に「何で街のガソリン価格はマイナスじゃないの?もっと安くならないの?」という素朴な疑問です。

基本的に原油先物価格の動向に応じて街のガソリン価格も上下します。今だと2週間くらいの時間差でしょうか。しかし、劇的には下がりません。

理由は唯ひとつ、日本では「街のガソリン価格、約6割は税金」だからです。

これもあって、原油価格下落は、街の人々の恩恵より、石油を保有・取引する会社への不利益の方が大きくなりがちです。

アメリカでもかつては消費者の側面が大きかったのですが、シェールオイル全盛の世となり、生産者としての立場が大きくなりました。この点が株価動向にも反映されています。

まぁ本日は、世界のニュースになった直後ですから、少しは反発するのでしょうけど。

今回のまとめ

・WTI原油先物5月限、マイナス40.32ドルの安値を付ける
・原油在庫のダブつき、需要減退、5月限特有の取引量の少なさ等が影響
・街のガソリン価格、そんなに安くはなりません、税金いっぱいですから

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

※2020年4月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年4月配信分
  • 原油を買って、おカネを貰おう(4/21)
  • 仁義なき戦い、出前館vsUberEats(4/20)
  • 株価指数まで医薬品株と化す(4/17)
  • アベノマスクだけで経済対策の0.5%(4/16)
  • 悲観的なIMF-3%予想は楽観的(4/15)
  • 机上の論より実証が先に(4/14)
  • 緊張の糸と見切り発車(4/13)
  • こんなときにスマホが文鎮化(4/10)
  • 空腹時に、凝った味付けをする政府(4/9)
  • 荒れた相場、根拠ない論に乗せられがちです(4/8)
  • 「感染拡大」から「企業決算・マクロ経済」直視へ(4/7)
  • トラにマスクをする訳にも(4/6)
  • 突飛な数値への備え(4/3)
  • 「よーし分かった、二枚でどうだ!」(4/2)
  • 「さほど良くない」で済む企業はどれくらい(4/1)

いますぐ初月無料購読!

image by:Pix One / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2020年4月21日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】コロナ危機、7月の収束を予想する投資家が65%?2020年末までの両極2シナリオとは=吉田繁治

【関連】消費税ゼロ%で救える命。コロナ恐慌で死ぬ間際にも黙って10%を払い続けるのか?=鈴木傾城

【関連】コロナ騒動で報道されぬ重要法案。異例の公務員法・検察庁法改正と高齢者フリーランス化=らぽーる・マガジン

1 2 3

高梨彰『しん・古今東西』』(2020年4月21日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

高梨彰『しん・古今東西』

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
チーフストラテジストとして、年200回ほど発行していたメルマガ『古今東西』が、『しん・古今東西』としてここにリニューアル。株・債券・為替などの金融市場全般から、マクロ経済、市場心理など、「これ何?」なことを徒然なるままにお伝えします。四方山話も合わせ気軽に読めて、しかも相場を「自分で判断出来る」ようになるメルマガです。是非一度お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー