fbpx

コロナ後、3割の人が元の仕事に戻れず、残りは収入激減の衝撃予測。貧困を生き抜く術は=今市太郎

職場で生き残れても厳しい収入減少にも備えるべき

昔の話になりますが、1929年の世界恐慌後の米国経済は結局4年近く低迷することになり、失業者は1933年に24.9%を記録することになりました。

今回のコロナ大恐慌では、それをはるかに上回る失業者が出そうな状況です。

さらに、やはり1933年には仕事が確保されていた人々の標準賃金が、1929年の暴落前に比べるとなんと3割も減少するという厳しい状況に陥っていたことがデータからわかります。

足元の国内市場でも、チェーン店の中華料理の店が給与の2割カット・ボーナス無しなどを打ち出し始めていますから、この国でも同様の賃下げ社会が到来する危険性は相当に高くなりそうです。

1回だけ10万円を支給されたり、家賃の一部補助などだけで乗り切れるとは到底思えない厳しい社会がコロナの規制のあとに待っているのですから、今から気が滅入るのも仕方ない状況といえます。

FXで減った給与分を稼げるようになるのか?という大きな問題

この間、当メルマガの読者の方から非常に多く質問を受けるのは、「収入が減った分をFX取引で稼いでいくことが本当にできるのか?」というお問い合わせです。

私はその問いに対しては、「Yesであり、Noである」とお答えするようにしています。

これまでまったくFXをやったことがない人が短時間で安定的に稼いで専業のプロトレーダーになることを夢見るというのは、夢見ること自体は簡単ですが、すべての人がそれを実現できると思うのには相当無理があります。

しかしながら、時間の消費の仕方にもよりますが、月間で5万とか10万、あるいはもう少し多く20万程度を稼いで収入減の足しにしたいという比較的現実的であまり大きくない望みであれば、それほど困難ではないのもまた事実です。

4月の末にもそうしたことをメルマガに書きましたが、残念ながらこのメルマガは文字だけで構成されており、細かいチャートや動画などを入れ込んで配信するのには無理がありますし、そもそもどの通貨ペアでどこでエントリーすべきか、上昇したらどうなり下落したらどうなるというような内容を教えてくれるサイトや動画はすでに腐るほどありますので、今さらそうした内容をこのメルマガでお知らせするのも意味はありません。

そこで、ここからは折に触れて、もっと基本的な部分で投資を事業として見ているときに必要なことなどを随時メルマガに織り込んでいこうと考えております。

果たしてどこまでお役にたつことになるかはわかりませんが、こういうご時世ですから少しでも実際のFX取引にプラスになることを積極的にご提供していこうと思います。

今回ご紹介したような厳しい社会の到来は目前です。あなたは果たして商売替えを余儀なくされる3割なのか、給料を減らされる残りの7割なのか。この段階で、よく考えておかれる必要があるのではないでしょうか。

それによってFX取引のお役に立ち方というものも大きく変わっていくものと思われます。決して焦る必要はありませんが、今から真剣に考えるべき問題です。

今月はこうしたテーマを強く意識してメルマガを配信させていただきます。

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 5月配信済みバックナンバー>

※2020年5月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年5月配信分
  • アナログチャート分析が正しければ米株の再暴落はそう遠い世界ではなさそう(5/11)
  • 週末特集・プロの個人投資家として市場に生き残り利益を上げるために必要なこと(5/9)
  • ポストコロナで3割以上の人が元の仕事に戻れない悲惨社会の到来にどう対処するか(5/8)
  • 新型コロナ起因の米中対立から起きる米国債の大暴落に厳重注意(5/8)
  • ロックダウンを選択した国は軒並みGDP縮減~経済悪化は明らかに政権の政策の失敗によるもの(5/7)
  • 結局WTI原油先物の動向が最も経済と株の先行きを表しているという厳しい現実(5/6)
  • 市場が全く織り込んでいないもう一つのリスク~新型コロナ禍での新興国市場の崩壊(5/5)
  • 市場がよく理解していない米国の失業者数激増~1929年の世界恐慌以来の数でとんでもない経済破綻がやってくる(5/4)
  • ファンダメンタルズをはるかに超えるドル円の政治的制限(5/3)
  • 未曽有の緩和と資金供給にも拘わらず何故急激なドル安が起きない異変について(5/2)
  • FRBの無制限緩和でファンダメンタルズが何の意味もない状態に(5/1)

いますぐ初月無料購読!

image by:StreetVJ / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2020年5月8日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】消費税ゼロ%で救える命。コロナ恐慌で死ぬ間際にも黙って10%を払い続けるのか?=鈴木傾城

【関連】安倍政権の「後手後手」が招いたパンデミックで日本経済は大崩壊時代へ=今市太郎

【関連】なぜ上場企業は内部留保460兆円を使って休業しない?緊急事態宣言でも消えぬ満員電車=今市太郎

1 2

今市太郎の戦略的FX投資』(2020年5月8日号)より抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

今市太郎の戦略的FX投資

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日]
個人投資家がもっと得難いファンダメンタルズを徹底的に集めテクニカルで売買チャンスを探るFX投資家のためのメールマガジンです。土日を覗く平日毎日の配信となりますので、確実に日々の売買に役立てることが可能です。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー