fbpx

パチンコ店の自粛拒否営業、実は違法だった? 緊急事態宣言下でも営業できたカラクリ=山岡俊介

警察も見て見ぬふり?

3店方式だからパチンコ店はいちおう合法とされているわけで、2店方式、TUCショップ(景品交換所)の運営にパチンコホールが関与しているなら「自家買い」となり刑法犯の対象となる。

「こうした実態は警視庁の方にも伝えているのですが、やはり天下り先のTUCを守るためなのか、一向に指導に動く気配がありません」(良識派の組合員)

ちなみに、日遊協の関東支部長だった「ヒノマル」というパチンコホール経営組合員は、自粛要請下でも店を開けていたことから支部長職を解かれているという。

なお、他の道府県でも東京都同様、この間、TUC集荷場(景品問屋)が営業していなかったところもあると思う。その場合も、2店方式でやっていたら同様に違法性があることはいうまでもないが、全国的にどれだけのところがそうだったのかは不知。

いずれにしろ、以上のように、2店方式でコロナ自粛下でも営業していたのであれば、営業自粛の有無を決めるのはホール側の自由なんてことはなく、それにも拘わらず警察が天下り先利権の関係で大甘になり、こうしたアウトロー的ホールを見過ごしているなんてことがあればとんでもない話だ。

続きはご購読ください。初月無料です

安倍首相が花輪も――神奈川県のコロナ下営業継続常習パチンコ店は警視庁元幹部が経営(2)

あの世界的実業家の伯父が、風営法違反で書類送検に

「五洋インテックス」監査役のインサイダー疑惑

今週の相場展望&注目銘柄

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

<初月無料購読ですぐ読める! 6月配信済みバックナンバー>

※2020年6月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

No.536 2020年6月8日号
1.「リミックスポイント」小田社長が詐欺容疑で告訴、受理されていた(台湾で)
2. 今週の相場展望&MY注目銘柄
3. <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(778)「SBI証券のネット証券独占説に異議あり」(+青汁王子ネタ)
4.「リミックスポイント」小田社長が詐欺容疑で告訴、受理(台湾で)されていた(2)
5. 安倍首相が花輪も――神奈川県のコロナ下営業継続常習パチンコ店は警視庁元幹部が経営
いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『アクセスジャーナル・メルマガ版』2020年6月8日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】10万円給付を待ちわびる一般国民を尻目に、富裕層はもう大きなプレゼントを受け取っている=鈴木傾城

【関連】なぜ孫正義は一般投資家以上の被害を受けた?バフェットもハマった大物投資家の落とし穴=矢口新

【関連】また安倍政権「お友達優遇」資本主義? GDP、2次補正で2%押し上げは本当か=今市太郎

image by:on_france / Shutterstock.com
1 2

アクセスジャーナル・メルマガ版』(2020年6月8日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

アクセスジャーナル・メルマガ版

[月額880円(税込) 毎週月曜日]
2003年12月2日、世界有数の億万長者、「武富士」会長(当時)・武井保雄を塀の中に追いやったジャーナリスト・山岡俊介が、政・官・財を始めとするあらゆる“悪”に鋭く切り込みます。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー