fbpx

新型肺炎、国内で爆発的感染リスク急上昇。感染者の検査が追いつかず日本経済に大打撃=今市太郎

ついに日本でも新型肺炎の発症者が猛烈に拡大するリスクを真剣に考えなくてはならない状況になりました。果たして安倍政権はこれに対応できるのか。日本経済への大打撃は避けられない状況です。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2020年2月14日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバッグナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

国内で爆発的感染リスク急上昇。安倍政権は本当に対応できるのか

コロナウイルスはわからないことだらけ

建国記念日の2月11日火曜日、当メルマガでは「偽装・改ざん・隠蔽・理解不能説明の史上最悪安倍政権下で起きる新型肺炎を国民は果たして乗り切ることができるのか?」という辛辣な内容をお送りしました。

そしていよいよ、国内でもこの新型肺炎の発症者が猛烈に拡大してしまうリスクを本当に考えなくてはならなくなってきた状況です。

どうも妙に中国政府に忖度する発言が多発するWHOですが、広報担当者が2月14日にあらためて会見し、「このウイルスの理解を巡り、われわれはまだ非常に初期の段階にいる。感染の拡大方法、発生源、潜伏期間、臨床的な特徴、重篤度の理解においてだ」と発言し、詰まるところ、何もよくわかっていないことを改めて強調しています。

中国では、政権にウルトラ忖度していると思われる国内の研究者チームが「2月に当該肺炎がピークを迎え、4月に収束することを望む」といった、確証のある見通しなのか願望なのか、よくわからない発言をしています。

そして金融市場では、アルゴリズムがその報道を好感して、株も為替も上昇するといった奇妙な相場が続いています。しかし翌日、また「発症者と死亡者が莫大な数増加した」という中国政府の発表を受けて下落するといった、実に情けない相場を継続中です。

日本もパンデミックへ

発生源もわからなければ、正確な感染ルートもはっきりせず、さらに潜伏期間も24日なのかそれ以上なのかもわからない。

そんな状況ですから、何が有効な対策かもまったくわからずに場当たり的な処置をしているわけで、感染を食い止められないのは当たり前の話です。

中国政府はもっぱら人の移動を制限することで接触させないことで感染を防ごうとしているようですが、果たしてそれが有効に機能しているのかどうかも、よくわからない状況です。

この新型肺炎、実は日本国内にも相当入り込んでいる可能性が出てきはじめており、果たしてここから国内感染がどうなるのかが非常に危惧される状況になっています。

Next: クルーズ船の検疫官も感染する驚愕の事態。東京から一気に53万人が感染する?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー