fbpx

ZoomとSlack、コロナ禍でより急成長を遂げたのはどっちだ?=シバタナオキ

新型コロナウイルスの影響でリモートワークが推奨されるようになってから数か月。離れた場所にいる人ともスムーズに仕事が進められるZoomとSlackは、いま驚くべき成長を遂げています。では、一体どちらのサービスがより売上を伸ばしているのでしょうか?(『決算が読めるようになるノート』シバタナオキ)

※本記事は有料メルマガ『決算が読めるようになるノート』2020年7月6日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:シバタ ナオキ
AppGrooves / SearchMan共同創業者。東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻 博士課程修了(工学博士)。元・楽天株式会社執行役員(当時最年少)、元・東京大学工学系研究科助教、元・スタンフォード大学客員研究員。

コロナで「リモートワーク銘柄」が急伸

1月を決算期としている会社の2020年2月-4月期の四半期決算が揃い始めました。今回は1月が決算期であるZoomとSlack、いわゆる「リモートワーク銘柄」を代表する2社の2月-4月の第1四半期の決算を比較してみたいと思います。

日本でもリモートワークが始まってから、ZoomとSlackを毎日のように利用している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

どちらもリモートワークには欠かせないサービスだと思いますが、コロナウイルスの影響を受けて売上成長がより加速したのは一体どちらの会社なのでしょうか?

ヒント:ZoomとSlackのどちらも前年同期比で大きく成長していますが、どちらか1社が売上をより急拡大させています。

驚異的なスピードで成長するZoom

はじめに、Zoomの決算を見てみましょう。
※参考:Zoom First Quarter 2021 Earnings Webinar Earnings Presentation(2020/6/2)

各種報道などでご覧になった方も多いかもしれませんが、Zoomの四半期売上は前年同期の売上$122M(約122億円)から+169%の$328M(約328億円)と驚異的なスピードで成長しました。 最終調整利益(NonーGAAP利益)は前年同期の$8.9M(約8.9億円)から$58.3M(約58億円)と目を見張る成長となっています。

従業員が10人以上いる顧客数は前年同期比+354%で伸びています。この意味するところは、Zoomというソフトウェアが10人以上というそれなりの規模のチームで利用され始めているということです。

スライドの右側にある通り、従業員が10人以下の顧客売上も増えています。こちらは大企業だけではなくて中小企業にもセルフサーブ(顧客が自らネットを通じてサービスに申し込みをする)で売れていることを意味するので、マーケティングの効率性を考えると、こちらも良いニュースと言えるでしょう。

Next: 次に、Slackの決算を簡単に見ておきましょう。2020年2月〜4月の四半期売上――

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー