fbpx

レシートを眺めればお金が貯まる!? 誰でも簡単にできて挫折しない家計簿のつけ方=川畑明美

家計簿をつけ始めても、いつも3日坊主で終わってしまう……。そんな人におすすめしたい、簡単にできてお金が貯まる記録方法を伝授します。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2,000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

家計簿をつけられない、あなたへ

「家計簿をつけられない」という方に、最もシンプルな方法を伝授します。

まずお給料日に、入金されたお給料を書き出します。これが「収入」ですね。

次に、銀行から引き出した金額を書き出します。こちらは「支出」です。

そして、収入(給料)から支出(出金額)を引いた金額を記録していくだけでも、お金は貯まりやすくなります。

できれば、買い物をしたレシートやキャッシュレス決済の明細も眺めてみましょう。

「この支出は節約できるなぁ」と思える分を、翌月の給料日から、他の銀行口座に預け替えしてみてください。つまり、貯蓄用の口座にお金を入金するということです。

これ、お給料日にやるのが大切です。

これだけでも500万円は貯まる!

私は独身時代この方法で、500万円くらい貯めることができました。

この資金は、マイホームを購入した時にほとんど使ってしまいましたが、コツコツ貯蓄していたおかげで、結婚後すぐにマイホームを購入することができたのです。

お給料日に自分で預け替えするのが面倒でしたら、積立定期を利用してもいいですね。投資信託の積立でも銀行引き落としにすることもできます。

お給料が入ったら、すぐに貯蓄口座に入れることが重要です。残ったお金でなんとかヤリクリする習慣がつきます。

家計簿なんて面倒くさいと言わずに、いくら収入があっていくら使ったのか、それだけでもチェックしてみてくださいね。

残業代などで、収入も毎月違うはずです。毎月「収入 – 支出」を記録するだけでも、意識は大きく変わりますよ!

【関連】夫の収入「知らない」が37.9%。夫婦間の“所得隠し”は老後破産・熟年離婚の元凶になる=川畑明美

【関連】日本は「時代遅れ」で滅ぶ。高齢者の半数がネット使えず、少子高齢化で衰退へ=鈴木傾城

【関連】レジ袋有料化、経済危機に追い打ち。客にコストを押し付け、店の効率を阻害=斎藤満

image by:fizkes / Shutterstock.com

教育貧困にならないために』(2020年7月28日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー