fbpx

韓国、航空業界危機で80万人が失業か。イースター航空破綻は序章に過ぎない

最大80万人の失業者が出る?

問題はコロナも重なり、このままだと韓国航空業関連だけで1,600人どころか、最大80万の失業者が出てしまうことだ。

さらに大手のアシアナ航空の買収交渉も白紙化されており、アシアナ航空も危機的な状況である。

実際、どうしてイースター航空以外は潰れてないのか。疑問に思うかも知れない。

それは政府の支援金が一応、続いているからだ。しかし、これがなくなればすぐに破綻する。そもそも、延命してもコロナは長期化している。1年後にまともに飛行機を飛ばせるとは考えにくい。

だから、航空業はこの先も綱渡りである。いらない社員や路線を切り捨ててスリム化するしかない。

8月に倒産する航空業が出てくるかはわからないが、補助金をいつまでも続けるほど韓国に余裕はない。今年で何社かは潰れていくだろう。どうせ潰れるのなら弱小LCCよりも、インパクトがあるアシアナ航空あたりが良いんじゃないか。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】韓国ホワイト国除外から1年、「日本を負かした」と喧伝する文政権を襲う経済崩壊=勝又壽良

<初月無料購読ですぐ読める! 8月配信済みバックナンバー>

※2020年8月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年8月配信分
  • 426回「イースター航空破綻は韓国航空危機のただの序章に過ぎない」(8/2)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2020年8月2日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】レジ袋有料化、経済危機に追い打ち。客にコストを押し付け、店の効率を阻害=斎藤満

【関連】「韓国滅亡説」に現実味。出生率激減で世界の研究機関が「最初に消える国」と警鐘=勝又壽良

image by:Denis Kabelev / Shutterstock.com
1 2

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』(2020年8月2日号)より一部抜粋・再構成
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

[月額319円(税込) 毎月第1~4日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
数年ごとに起きるデフォルト危機。世界経済が後退すれば、投資家が真っ先に資金を引き揚げていく新興国市場。輸出依存が96%という恐ろしい経済構造。ヘッジファンドに玩具にされる韓国市場。中国の属国化へと突き進む2014年。並行してスタグフに悩まされる現実。そして、1100兆ウォンを超え、雪だるま式に膨らむ家計債務の恐るべき実態。経済の問題点とは何なのか?なぜ、また、第四次経済危機が迫っているといえるのか。それは読めばわかる!投資、ビジネス、教養、雑談ネタにも最適な、最も韓国経済の実情を知ることが出来るメルマガ。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー