fbpx

米中「武力衝突」は8月15日が分水嶺。日本を財布扱いするトランプの選挙戦略=高島康司

8月15日が転換点になるか?

いまのところの推移では、トランプ政権の強烈な中国叩きの目的はこのようなものだ。意図しない武力衝突にまで突き進むとは考えにくい。

しかし、これとは大きく異なる展開になる可能性もあることを頭に入れておいたほうがよいだろう。

それはトランプ政権が、今年の1月に合意した中国との「第1段階の合意」を破棄することである。これを行うと、トランプは中西部の農業生産者の支持を失うことになるので、トランプが大統領選で勝利する可能性はさらに小さくなる。それでもトランプは、大統領選の勝利を捨ててまで、中国をいま押さえ込むというという決断に動いたことになる。選挙の勝利を捨てさせるほどの危機感かもしれない。

またこの交渉の席上で、トランプ政権は、中国にとっては到底受け入れらえない法外な要求をする可能性もある。南沙諸島に中国が建設した軍事施設の撤去かもしれない。撤去しないと、アメリカは軍事力の行使も辞さないという要求である。

万が一でもこの方向に動いたときは、米中の武力衝突も覚悟しなければならない状況になるかもしれない。ちょっとあり得ない話だとは思うが、それが分かるのは8月15日から16日にかけてである。

それというのも、米中両政府は1月に署名した2国間貿易合意を巡り、中国側の合意履行を評価するためのハイレベル協議を8月15日に実施することで合意したからだ。中国政府は米国産の大豆や豚肉、トウモロコシなどの農畜産品の輸入をここ数カ月で増やしているものの、現時点では目標達成に必要なペースを大幅に下回っている。トランプ政権は、合意した額まで輸入量を早急に増やすように要求する模様だ。

しかし、万が一この交渉が完全に決裂し、「第1段階の合意」の破棄まで至るとすれば、米中対立は別な段階に突入する。大統領選の勝利に全力で走っているトランプを見ると、合意の破棄はないとは思うが、万が一でそのような状況になれば事態は急変する。

さらに一歩進んで、トランプ政権が南沙諸島に中国が建設した人工島の撤去を要求し、中国が要求に応じないと攻撃すると脅した場合は、もちろん緊張は確実に高まる。米中対立は別の段階に入る。要注目だ。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】日本のコロナ感染者数、年内に53万人超えの衝撃予測。全米疾病対策センター採用AIの警告=高島康司

【関連】最悪の2020年、次に起きる大事件とは?米抗議デモを的中させた専門家の警告=高島康司

<初月無料購読ですぐ読める! 8月配信済みバックナンバー>

※2020年8月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年8月配信分
  • 第601回 米中の武力衝突はあるのか?後編/ビリー・マイヤーの最新コンタクト記録(8/7)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』2020年8月7日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込880円)。

2020年7月配信分
  • 第600回 米中の武力衝突はあるのか?前編/ジョン・ホーグの最新予言(7/31)
  • 第599回 抗議デモの拡大で米国内で起こっていること/プレヤーレンからの最新警告(7/24)
  • 第598回 新型コロナウイルスの変異はどのくらい危険なのか?エド・デイムス少佐の最新情報(7/17)
  • 第597回 AIが予測する新型コロナウイルスの日本と世界の今後の死者数/ジョン・ホーグのジョー・バイデン分析(7/10)
  • 第596回 抗議運動の隠されたアジェンダと壮大な計画 後編/パーカーの最新予言(7/3)

2020年7月のバックナンバーを購入する

2020年6月配信分
  • 第595回 抗議運動の隠されたアジェンダと壮大な計画 中編、ジョン・ホーグのアメリカ予言(6/26)
  • 第594回 「アンティファ」の隠されたアジェンダと壮大な計画 前半、コーリー・グッドが語る新型コロナウイルス(6/19)
  • 第593回 予測されていた2020年の激動、ターチンがいまいっていること、パーカーの最新予言(6/12)
  • 第592回 「Qアノン」も扇動する抗議運動の高まり、やはり我々は「エノクの預言」に向かっているのか?(6/5)
  • 文書のダウンロード(6/4)
  • YouTubeの動画(6/4)

2020年6月のバックナンバーを購入する

2020年5月配信分
  • 第591回 米国防総省の対中国方針、ウイルスが人工的に作成された可能性?プレヤーレンが明かす危険ないまの状況(5/29)
  • にんげんクラブのセミナーです(5/28)
  • 第590回 地政学的な争いになるワクチン開発、やはり中国が一歩リードか?新たなパンデミック予言(5/22)
  • 第589回 中国の漢方薬を巡る世界戦略、プレヤーレンが警告する早期のロックダウン解除(5/15)
  • 第588回 アメリカは狂ってきているのか?全米に拡大する危険な抗議運動、米国防総省が認めたUFOの実態(5/8)
  • 第587回 パンデミック以降の世界を展望する その2、国家が対立する動乱期に突入か?(5/1)

2020年5月のバックナンバーを購入する

2020年4月配信分
  • 明日の勉強会のご案内(4/24)
  • 第586回 パンデミック以降の世界を展望する その1(4/24)
  • 第585回 日本では報道されていない新型コロナウイルスの最新情報、プレヤーレンが語る新型コロナウイルスの真実(4/17)
  • 第584回 緊急事態宣言後も蔓延は拡大か?クレイグ・ハミルトン・パーカーの最新予言(4/10)
  • 第583回 日本では未報道の新型コロナウイルスの最新情報、パーカーの新型コロナウイルスの最新予言 前半(4/3)

2020年4月のバックナンバーを購入する
さらに以前のバックナンバーを見る

【関連】実はトランプ再選濃厚?コロナで支持率低下も、2つの秘策でバイデンを返り討ちにする=澤田聖陽

【関連】レジ袋有料化、経済危機に追い打ち。客にコストを押し付け、店の効率を阻害=斎藤満

【関連】東京五輪「中止」で確定していた? 安倍首相「完全な形で開催」発言が持つ裏の意味

image by:plavevski | Drop of Light / Shutterstock.com
1 2 3 4

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ」(2020年8月7日号)より一部抜粋・再構成
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ

[月額880円(税込) 毎週金曜日]
いま私たちは先の見えない世界に生きています。これからどうなるのか、世界の未来を、政治経済のみならず予言やスピリチュアル系など利用可能なあらゆる枠組みを使い見通しを立ててゆきます。ブログ『ヤスの備忘録』で紹介しきれない重要な情報や分析をこのメルマガで配信します。『ヤスの備忘録』とともにお読みください。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー