fbpx

金価格、2022年までに1.5倍へ。レイ・ダリオほか多くの著名投資家が強気予測

現在は10年続く上昇トレンドの入り口か

もうひとり、ファンド運用責任者の予測を同じく海外報道から翻訳して紹介します。投資グループ「Electrum」の総帥で投資運用者のThomas Kaplan氏の金価格予想です。

Electrumグループの総帥・投資運用者のThomas Kaplan氏の金価格予想は、次の通りだ。

「現在は今後10年間継続する上昇相場の入り口にある。経済の各種要因を考えると、10年以内に3000ドルから5000ドルを目指すだろう。

予想シナリオの最初は、蛇のように、次のジャンプをするために「とぐろ」を巻いている状態だ。次のシナリオは、もう1回、大きな下落を演出し、握力の弱い持ち手から振り落とす動きをするだろう。その後、最終的に3,000から5,000ドルを目指すだろう。

もちろん、そのような状況が来るまでは10年単位になると予想している。

また、2,000ドル、3,000ドルに至るまでには、数百ドルくらいの下落が頻繁に起きるだろう(現在でも50ドルくらいの下落は頻繁ではないが、たまに起きている)。」

また、上昇相場を予想しているのはKaplan氏だけではない。ヘッジファンド運用会社ブリッジウォーター・アソシエーツのレイ・ダリオ氏もゴールド(ただし、ペーパーゴールド)の保有比率を増やしていることが、米国証券取引委員会への提出文書で判った。

同じくダブルライン・キャピタルを率いるジェフリー・ガンドラック氏は「価格が300ドルの頃から保有している」と語っている。

グリーンライトキャピタルのデビッド・アインホーン氏は、「ゴールドは保有しているし、1度も売ったことがない。それを使わねばならないことなど起きて欲しくない」と語った。

出典:Why is this billionaire predicting gold could hit $5,000? – Republic Precious Metals Exchange(2020年2月3日配信)

グラフで読み解く金価格の今後

次のグラフをご覧ください。赤丸部分が現在の価格(1,950ドル近辺)です。

金価格の長期チャート(ただし、2020年9月現在を基本に据えて、物価上昇分を当てはめて過去の価格を逆計算したもの)現在はまだ過去の最高値を更新してはいません。

金価格の長期チャート(ただし、2020年9月現在を基本に据えて、物価上昇分を当てはめて過去の価格を逆計算したもの)現在はまだ過去の最高値を更新してはいません。

(まったく物価上昇分を勘案していない単純な)金価格の推移チャート

(まったく物価上昇分を勘案していない単純な)金価格の推移チャート

これらの予測が果たして当たるかどうか?それは判りません。これまでの値動きや各著名人の予測を見ると、5年単位・10年単位では上昇すると言えるのではないでしょうか。

この長い上昇期間には、これまでになかったような株価の大きな下落が待ち受けているということです。株価が大きく下がれば、必ず、その後で遅れて、貴金属価格の大幅な下落が伴うでしょう。損失を穴埋めするために、ヘッジ用の金(ゴールド)を売却しなければならないからです。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】ジム・ロジャーズ、バフェットも金相場に注目!なぜ賢人たちが買い急ぐ?=花輪陽子

【関連】習近平は「世界を敵に回す覚悟」を決めた。賽は転がり戦争が始まる=矢口新

【関連】10年後の日本を襲う在宅ホームレス問題。引きこもり老人が年金を食い尽くす=鈴木傾城

<初月無料購読ですぐ読める! 9月配信済みバックナンバー>

※2020年9月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・売却出来るものは何でも売ります(9/28)
・まぁひまつぶしにお聞きください(9/26)
・供給不足で御免なさい:2020年8月実績(9/25)
・連銀の足跡が見えませんか(9/24)
・南ア地下坑道鉱山の産金コスト(9/23)
・金の生産販売実績 2020年8月(9/22)
・NYから引越したい(9/21)
・26週目:失業給付金、もらえていない人の方が多い?(9/20)
・当たるも八卦当たらぬも八卦(9/18)
・家賃未払いでも住み続けられる(9/17)
・米国雇用状況の実態:2020年8月解雇通知(9/16)
・米国ホテル業界:借金返済に苦しむ姿(9/15)
・ボーイング社:737MAXだけじゃない(9/14)
・失業給付金、もらえていない人の方が多い?(9/13)
・本音は景気は悪く、苦境の中に居る(9/12)
・米国経済の中心であるニューヨークで起きていること(9/11)
・またもやダウ平均構成銘柄の入れ替え(9/10)
・中身が見えないブラックボックスには透明性が無いのは当然(9/9)
・オハイオ州警察消防職員年金基金:増やして当然(9/8)
・IT産業の中心地:サンフランシスコでは(9/7)
・知らなかった。この国も実質輸出禁止(9/4)
・コロンビア中央銀行、外貨準備の金地金の3分の2を6月に売却していた(9/3)
・連邦準備制度:トランプの策略?(9/2)
・コンピューター・サーバーの中の幻想紙幣(9/1)
→いますぐ初月無料購読!


※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2020年9月28日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】現金がインフレで紙屑に?庶民も金(ゴールド)を買うべき?ベストの投資手法は=俣野成敏

【関連】半沢直樹以上に劇的。大戸屋への敵対的買収成功のコロワイド次の難題は?=栫井駿介

【関連】韓国の暗号通貨取引所で大胆不正、99%が実態のない「馴れ合い売買」

image by:allstars / Shutterstock.com
いつも感謝している高年の独り言(有料版)』(2020年9月28日号)より一部抜粋、再構成
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額660円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー