お金持ち男性に好かれる女子はどっち? おごってもらう女 vs 自分で払う女=ゆうきゆう

あなたは長年の努力の甲斐あって、ついに大金持ちの彼をつかまえました。彼はいつでもデートでおごってくれます。さて、この彼を絶対に離さないためには、どうするべき?(『★セクシー心理学GOLD 〜最先端の心理学技術★』ゆうきゆう)

お金持ち男性のココロを鷲掴みにする禁断の心理テクニック

【クイズ】あなたはおごりますか?

Q. あなたは女性です。長年の努力の甲斐あって、ついに大金持ちの彼をつかまえました。彼は、いつでもデートでおごってくれます。さて、この彼を絶対に離さないためには、どうするべき?

1. 「毎回おごってもらう」
2. 「2回に1回は、自分がおごる」
3. 「5回に1回は、自分がおごる」
4. 「10回に1回は、自分がおごる」
5. 「毎回自分が払う」

では、解説の前にこんな話を。

「デートでは、男性がおごる」。これは一般的に、ある程度は定着した考えです。特に男性が大金持ちであったら、それはなおさら。大企業の社長さんが、女性とのデートで、「今日はワリカンね」と言っている姿は、あまり想像できません。しかし、です。それがいつでも正しいとは、限らないのです…。

大金持ちの、イヤな記憶

実際にあるテレビ番組を見ていたところ、31歳で資産が数億円、という、大金持ちの若社長が出ていたことがあります。そして番組内で、彼に「デートした中で、どんな女性がイヤだったか」と尋ねたところ、彼は迷わず、こんなエピソードを話していました。

彼がある女性を高級レストランに連れて行ったところ、その女性は、メニューの内容を、片っ端から頼んだそうです。そのために彼が、「そんなに食べられないよね?」と聞くと、女性は、「だって、食べてみたいから〜!」と言い、それぞれを少しずつつまんで食べたそうです。これが、彼にとって、記憶に残るほど「イヤな感じを受けた」とか。

これを聞いてどう思いますでしょうか?おそらく、「大金持ちのくせにケチだなぁ!」という人は、ほとんどいないはず。僕はこの気持ち、すごくよく分かります。その女性が、一人で食事にいったときに、同じことをしているとは思えません。「お金持ちだから、いくらお金を使っても大丈夫」。おそらくそんな風に無意識に思っており、そしてそこに、彼は嫌気がさしたわけです。男性にとって、女性に「やってもらって当然」「払ってもらって当たり前」と思われることほど、そして同時に、「感謝の気持ちがなくなる」ことほど、消沈させるものはないのです。

「おごられて当然」という態度はNG

実際に男性は、結婚前に、女性の行動をよく観察しています。「この相手に、結婚して自分のサイフを預けても大丈夫か」。そう考えるために、あまりに浪費家な女性は、敬遠される傾向にあるのです。ですので「私、今度は麻布にオープンしたフレンチレスラトンにいきたーい!」という女性よりも、「私、居酒屋さんでいいよ。そういうとこ好きなの」と言ってくれる女性の方が、何億倍も嬉しく感じるのです。

また、時にフンパツした料理をおごってあげたときも、後者の女性の方が、より強い感謝を抱いてくれることは、想像に難くありません。相手がたとえば「もんのすごい魅力的な女性」だったら、「いくら払っても一緒にいたい」と思う男性もいるでしょう。しかしその「美人である」という刺激にも、いつのまにか慣れてしまうもの。最初のうちは喜んでおごってくれても、いつのまにか、お誘いが減ってくるはずです。

いずれにしても、「おごられて当然」という態度、さらに「感謝の気持ちの少なさ」は、男性の気持ちを確実に離していくのです。

Next: たまに女子が払えば彼はメロメロ!「不定率強化」の心理テクニック

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー