住商巨額損失事件のウラ~私が元上司の「簿外取引」を通して学んだこと=江守哲

江守哲氏は1996年、当時勤務していた住友商事で上司だった浜中非鉄金属部長の簿外取引(住商巨額損失事件)に遭遇し、その後始末として2600億円の損失確定処理を行うという異例の経験をしました。

本記事では、メルマガ『江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて』内で好評連載中の「マーケット人生物語~私の人生を変えたアノ事件」より、当初1800億円と発表されていた損失が膨らんだ理由や、江守氏が損失処理を通して気づいた銅取引の基本についてご紹介します。

続きが気になる方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。月単位でバックナンバーの購入もできます。

プロフィール:江守 哲(えもり てつ)
エモリキャピタルマネジメント株式会社代表取締役。慶應義塾大学商学部卒業。住友商事、英国住友商事(ロンドン駐在)、外資系企業、三井物産子会社、投資顧問などを経て会社設立。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」。商社・外資系企業時代は30カ国を訪問し、ビジネスを展開。投資顧問でヘッジファンド運用を行ったあと、会社設立。現在は株式・為替・コモディティにて資金運用を行う一方、メルマガを通じた投資情報・運用戦略の発信、セミナー講師、テレビ出演、各種寄稿などを行っている。

大量ポジションを持つことで初めて可能となる収益の上げ方がある

元上司による銅取引の巨額損失を処理

来る日も来る日も、元上司による銅取引の巨額損失の処理を進める日々が続きました。

さすがに、飽きてきました。何のためにやっているのか。これをやり続ければ、何か良いことがあるのか。

考えれば考えるほど、深みにはまるような気になってきました。

そのうえで、本社も含め、非鉄金属取引の基本をわかっていない。話が通じない相手に、一から説明することによるフラストレーション。

本社の、それも財務部門に居るだけに、プライドだけは高い(笑)。後輩社員までもいろいろ言ってくるので、さすがにこちらも切れます(笑)。

この処理をしている中で驚いたのは、これだけ社員がいても、非鉄金属取引の現場を理解している人間がほとんどいなかったことです。

住友商事といえば、世間でいえば大手商社です。それなりの人間が入社しているのですが、結局は縦割りで仕事をしているので、「隣の人は何する人よ」の世界です。

極端な話、部署が違えば、別会社です。交流もほとんどありませんので、5メートル隣の席の人は何をやっているのか全く知らない、ということも普通のことでした。

当時の住商はそんな感じでした。

ゴールドマン・サックス本社社長に上り詰めたゲリー・コーン氏

さて、処理は処理で進める必要があります。苦しい中、毎日本社とゴールドマンサックスのフロントオフィスのディーラーと、ミドルオフィスのポジション・資金管理部隊との打ち合わせに時間を取られる日々でした。

ある時点から、その日のトレードの指示を出す相手は、途中からNYからやってきた責任者に変わりました。彼と毎日打ち合わせを行い、ポジションの解消を進めていきます。その男は、とにかく体と声がでかい(笑)。

今日はどうするんだ!

フロア中に響くような声で、怒鳴りつける感じで聞いてきました。その当時は、ただの現場の責任者だと思っていました。しかし、その男はのちにゴールドマン・サックス本社の社長にまで上り詰めた、ゲリー・コーン氏でした。

このような男と毎日やりあっていたのかと思うと、何か誇らしいところもありますが、それはあくまで今となってからの話です。当時は、とにかくこの嫌な業務から早く解放されたい一心で、どんどんポジションを処理しようと考えていました。

それこそ、ポジションを解消する際に出る損失などはお構いなしです。それが本社からの指示でした。

「とにかく処理を優先しろ」住商本社から指示

私は「このポジションを短期間で解消すれば、マーケットが下がるだけで、損失は膨らみますよ」と何度も本社に言いました。しかし、本社の指示は、「とにかく処理を優先しろ」というものでした。

まさに、ブローカーであるゴールドマン・サックスの収入が増えるだけでした。売り注文を出すのがわかっているわけですから、収益が上がるのは当然でした。この処理で相当収益が出たはずです。だからこそ、コーン氏はのちに出世できたのかもしれません。

ちなみに、当初会社は、銅事件による損失を1800億円と発表していました。それが、処理が終わると2600億円に膨らんでいました。いろんな費用が含まれているのでしょうが、そのほとんどはマーケットで叩き売った結果でした。

私は住商を退職した後、興味本位で当時のポジションを全く売らずに保有し、10年後に売ればいくらの収益になったかを計算しました。簡単にいえば、社員全員に1億円のボーナスを支払うことができるほど、銅価格は戻しました。

損失が出て、早く処理すべきとの会社の考え方は理解できます。しかし、これはあまりにもったいない話だったなぁと思います。結局、私が会社に進言したとおり、安値での売却を進めてしまったわけです。

この処理を進める中で、非常に面白いことが起きました。その中で、私は非鉄市場で収益を上げる方法を理解することになったのです。

Next: 見た目は穏やかでも相場は超強気。浜中さんの簿外ポジションは巨大すぎた

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい