弱気に傾くヘッジファンドの帝王、レイ・ダリオ氏の「台所事情」を読む=江守哲

ヘッジファンドの帝王・ダリオ氏が「金や日本円を買え」と勧めています。つまり市場が荒れると見ていることになりますが、その根拠な何なのでしょうか。(江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて

本記事は『江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて』2017年9月4日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:江守哲(えもり てつ)
エモリキャピタルマネジメント株式会社代表取締役。慶應義塾大学商学部卒業。住友商事、英国住友商事(ロンドン駐在)、外資系企業、三井物産子会社、投資顧問などを経て会社設立。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」。商社・外資系企業時代は30カ国を訪問し、ビジネスを展開。投資顧問でヘッジファンド運用を行ったあと、会社設立。現在は株式・為替・コモディティにて資金運用を行う一方、メルマガを通じた投資情報・運用戦略の発信、セミナー講師、テレビ出演、各種寄稿などを行っている。

運用不振に悩むダリオ氏「苦し紛れのポジショントーク」の可能性

主要な危機を予見してきたヘッジファンドの帝王

現在の市場では様々なリスクがあるとして、暴落説を唱える向きが多くなっています。

その代表格が、1620億ドルの資産を運用する世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエイツを率いる「ヘッジファンドの帝王」ことレイ・ダリオ氏でしょう。すでに報道されているので、彼の発言を目にされた方も少なくないでしょう。

ダリオ氏は、08年の金融危機欧州債務問題による株価暴落など、主要な市場の危機を予見したことで知られています。今年に入ってからも、弱気なスタンスを変えておらず、この点については、このコーナーでも何度か取り上げていたことを記憶されている方も多いでしょう。

ダリオ氏は08年にヘッジファンド全体の投資収益が前年比20%減と過去最悪の成績に落ち込む中、12%の収益を上げたことで知られる、まさに「伝説の人物」です。

ダリオ氏「金や日本円を買え」

そのダリオ氏が、「金や日本円を買え」と勧めているのです。これらの安全資産を購入すべきということは、ダリオ氏はこれから市場が荒れるとみていることになります。

その根拠な何なのでしょうか。振り返ると、トランプ政権が発足した1月には、ダリオ氏はトランプ政権に対して楽観的な見方を示していました。つまり、トランプ政権が打ち出すビジネス寄りの政策が米国経済の成長を促すと考えていたわけです。

報道によると、昨年11月の米大統領選挙でトランプ氏が勝利した直後に、ダリオ氏は顧客向けのレポートで、「次期大統領は、レーガン元大統領による右寄り路線への大シフトのような経済成長を促進する、財界寄りの非常に大規模なイデオロギー的変化を引き起こすと考える」としました。

そのうえで「人々が懸念するトランプ氏のクレイジーさによる波乱の要因は、思ったよりも抑制されるだろう」ともしました。

このような見方に対して、当初は懐疑的な見方が多かったように思います。

しかし、ダリオ氏は、トランプ氏が共和党主流派のイデオロギーに巻きこまれ、規制撤廃や減税などの常識的な保守派経済政策を採用し、その結果、経済成長が飛躍的に加速すると予測したわけです。

トランプ氏が大統領に就任して半年以上が経ちましたが、米国の第2四半期のGDP成長率は3%に達し、今後も拡大が期待されています。

また、失業率も歴史的低水準にあり、完全雇用状態にあるとの見方もあります。まさに安定的成長期にあるといってよいでしょう。

Next: 外れ続けるダリオ氏の予想。大胆発言の裏にある意図を読め

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい