「小池劇場」で外国人投資家はどう動く?日本株とドル円の注目点=江守哲

安倍政権の継続は日本株投資の大前提です。基本的に株価は上昇方向ですが、万が一安倍政権が負けてしまったときのインパクトはかなり大きいでしょう。(江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて

本記事は『江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて』2017年10月2日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:江守哲(えもり てつ)
エモリキャピタルマネジメント株式会社代表取締役。慶應義塾大学商学部卒業。住友商事、英国住友商事(ロンドン駐在)、外資系企業、三井物産子会社、投資顧問などを経て会社設立。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」。商社・外資系企業時代は30カ国を訪問し、ビジネスを展開。投資顧問でヘッジファンド運用を行ったあと、会社設立。現在は株式・為替・コモディティにて資金運用を行う一方、メルマガを通じた投資情報・運用戦略の発信、セミナー講師、テレビ出演、各種寄稿などを行っている。

上昇基調も、アベノミクスの象徴・金融政策の見直しには要注意

日本株にようやく上昇の動き

日本株もようやく上昇の動きが出てきました。一気に上げていくわけではありませんが、下げにくくなってきました。日経平均採用銘柄のPERは14倍台半ばまで上げてきていますが、まだ15倍よりは下です。

また、最近の上昇で騰落レシオが高くなっていることも、上値を抑えやすくなるでしょう。それでも強い相場の時にはあまり関係がないことも多いので、騰落レシオだけで判断するも危険です。

自民党の「想定外」

さて、今後の株価動向を見ていくうえで、やはり今回の衆院解散は外せないでしょう。まず言えることは、自民党が当初描いていたシナリオとは全く違うものになってしまったということです。

小池新党が旗揚げしたことで、論点が消費増税分の使い道ではなく、「政権選択」になってしまいました。これは自民党の思惑違いです。公明党も「予想外」と認めています。サプライズ効果を狙った小池都知事の戦略勝ちですね。

しかし、小池氏も都知事の仕事があり、どの程度選挙区を回れるのかは不明です。また、民進党との合流も決まったわけですが、民進党議員に関しては「選別する」と言明しています。すでにイニシアチブを取りながら、過去の「小泉チルドレン」「小沢ガールズ」のような「使えない議員」の連立にならないようにする方針のようです。これも非常に大きなポイントです。首相経験者も除外される可能性があります。菅氏や野田氏は対象外になってしまう可能性がありそうです。

しかし、フレッシュさを出すには、それくらいのことをしないとダメでしょう。小沢氏との合流も実際には厳しいのではないでしょうか。

前原氏に関しても、小池氏は過去の関係を断ち、運のない前原氏から距離を置く可能性もあるでしょう。そのうえで、全国各地に候補者を立て、安倍自民党をつぶす方針です。公明党も苦しい選挙戦になるでしょう。

ただし「小池新党」にも目玉はいない

小池新党の候補者はわかりませんが、一方で小池氏が居ないと目玉もないというのも事実です。民進党内部ではかなりもめているようですね。それは当然でしょう。前原氏も罪な人ですね。

一方の小池氏も大変です。都知事職と国政を一緒に行うことはかなり難しく、都民の批判が出るかもしれません。私も都民ですので、その点はよく考えたいと思います。

今の段階では、小池氏の出馬の可能性も残っているというのですから驚きです。選挙で希望の党が勝てそうな雰囲気になれば、出馬もあるというのです。これも非常に現金な判断ですね。わかりやすく言えば、負け戦はしないということです。これもある意味では無責任な動きということもできます。

Next: 与党敗退ならインパクト大。海外投資家は市場をどう見る?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー