ビットコインという「実験」の裏で進む、AIとブロックチェーンの大融合=高島康司

ブロックチェーン開発の経緯を知るというクイン・マイケルズ氏によれば、その本来の目的は仮想通貨ではまったくない。ビットコインは実験にすぎないという。(『未来を見る!ヤスの備忘録連動メルマガ』高島康司)

ビットコインは単なる実験、自我を持つAI誕生への布石だった?

地政学的な変動の背後にあるもの

サウジアラビアで11月4日、アルワリード・ビン・タラルなどを含む11人の王子が、クーデター的に王位継承者となったムハンマド・ビン・サルタン皇太子によって一斉に逮捕される事件が起こった。サウジの政変である。アルワリード・ビン・タラルは世界的な富豪で、アップルやツイッターなどのIT企業、FOXニュースやウォール・ストリート・ジャーナルなどの大手メディア、さらにはシティーグループのような金融産業や、フォーシーズンスなどの高級ホテルに巨額の投資を行っている人物だ。

一方アメリカでは、海兵隊や陸軍、DIAなどの米軍の情報局そしてNSAなどの機関に守られたトランプ政権と、軍産複合体やネオコン、エネルギー産業を基盤とした既存のパワーグループならびにそれに連なるCIAとの間で、熾烈な権力闘争が続いている。

サウジの政変とトランプ政権の権力闘争は、これから世界に地政学的な激変を引き起こす重要な引き金になることは間違いない。

ブロックチェーンの「本当の開発者」

しかし、これらの大きな変動の裏にあるものを追って行くと、なんとブロックチェーンとAIの背後にある事実に行き着く。おそらく来年から、これらを中心に大きな変化が始まる可能性が極めて高い。かなり複雑な話になるので、順を追って説明しよう。

まずはブロックチェーンの開発にまつわる真実についてだ。いま仮想通貨の基礎のテクノロジーとして注目されているブロックチェーンだが、2009年にサトシ・ナカモトという日本人を思わせる人物が書いた9ページの論文から始まったとされる。このサトシ・ナカモトは現れなかったため、2014年にニューズウィーク誌が取材したところ、米カリフォルニア州在住の日系人であることが明らかになった。しかし、発見されたサトシ・ナカモトは同姓同名の別人で、ブロックチェーンの開発とはまったく無関係であることがはっきりした。

その後、オーストラリアの実業家や米軍系の科学者などが自分こそがブロックチェーンの開発者だと名乗り出たが、いまのところ明確な証拠がないので断定できない状況だ。

ところが最近になって、ブロックチェーンの開発の経緯を知るというクイン・マイケルズなる人物のインタビューで、誰が本当の開発者なのかが明らかにされた。

Next: 「ブロックチェーンの開発者は人工知能(AI)だった」

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー