東芝が足を引っぱる日経平均株価の「銘柄入れ替え」本命企業は?=柿田文和

日経平均構成銘柄の1つ、東芝の先行きが怪しくなってきました。本来、日経平均採用は安定企業のトレードマーク。市場では早くも「東芝の次」を探す動きが活発化しています。(『サヤ取り王子の株式投資情報』柿田文和)

本来は「安定企業」のお墨付き。日経平均採用銘柄を把握しよう

東芝<6502>が日経平均構成銘柄から除外へ

何かと話題になっている東芝<6502>。正確な決算発表ができずに延期になりましたが、2016年末の状態で債務超過になることが取り上げられています。このままだと、東証1部から2部への降格のほか、場合によっては上場廃止という可能性もあります。

【関連】東芝ショック4つのシナリオ~経営破綻確率は15%、上場廃止は五分五分=栫井駿介

大企業ではありますが、ここ2年で一気に転落しました。短期間でここまでなってしまうとは、経営判断のミスでしょうし、投資そのものも失敗ということになります。

東芝<6502> 日足(SBI証券提供)

東芝<6502> 日足(SBI証券提供)

ところで、東芝は東証1部に上場しているというだけではなく、今は「日経平均株価の構成銘柄」に採用されています。今となっては非常に怪しい感じになってしまいましたが、本来、日経平均株価に採用されるということは、安定した企業であることのトレードマークです。

銘柄入れ替えの本命はセイコーエプソン<6724>か

日経平均株価に採用されるのは、非常に限られた企業です。すでに株式市場では、東芝が日経平均採用銘柄から外れることを想定した動きが出てきています。東芝の代わりに日経平均株価に採用されるとみられているのが、セイコーエプソン<6724>です。

セイコーエプソン<6724> 日足(SBI証券提供)

セイコーエプソン<6724> 日足(SBI証券提供)

株は、企業の将来を見越して売買されるものですが、その裏に隠されているドラマを見るのも楽しいところです。

東芝の株価が下落しているのは目に見えやすいところですが、その裏で「日経平均株価に採用されるかも?」というセイコーエプソンを見られるかどうか。これこそ投資経験の差が出てくるところです。

そもそもの、日経平均採用銘柄について知っているかどうかは、私が提唱するサヤ取り投資においても大事にしているところです。ですので、少なくとも日経平均採用銘柄の構成くらいはある程度は把握しておきたいところです。

単純に株価だけではないところが、株式投資の面白いところですね。

【関連】日本株に固執する投資家はなぜ眼前の「歴史的チャンス」に気づかないのか?=江守哲

【関連】【FX】1000通貨じゃ眠すぎる?適正ポジションサイズの決め方・考え方=矢口新

【関連】個人投資家が忘れてはならない、東芝<6502>というクソ株の教訓=坂本彰

サヤ取り王子の株式投資情報』(2017年2月16日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

サヤ取り王子の株式投資情報

[無料 日刊]
サヤ取り株式投資法と相場雑感を綴ったメルマガ。日々の経済動向や株の動きを勉強をしながら、サヤ取り株式投資法でローリスクでありながら、ハイリターンを目指します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー