【展望】「押し目待ちに押し目なし」無敵状態の日経平均株価だが場中に一変も?=証券市場新聞

年明けから押し目待ちに押し目無しの状態である。先物主導の印象が強く、昨年の上昇過程と同様、場中で動きが一変する可能性があることには注意したい。(『証券市場新聞 公式有料メールマガジン』)

※本記事は有料メルマガ『証券市場新聞 公式有料メールマガジン』2018年1月5日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

スマホで購読できる証券専門紙『証券市場新聞』の日経平均展望

連日でバブル崩壊後の高値を更新

5日大引けの東京市場は続伸、日経平均は前日比208円20銭高の2万3,714円53銭で引けた。

前日の米株市場でダウが史上初めて2万5,000ドルの高値を付けたことを好感、前場は買い一巡後に利益確定売りに伸び悩んだが、後場から上値追いとなり、連日でバブル崩壊後の高値を更新した。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

個別ではスターティア、レオン自動機、トーカロ、ゴールドウィン、DDHD、ノジマ、インソース、レーザーテック、冶金工業、廣済堂が値上がり率上位に買われ、ソニーやトヨタも高い。

半面、豊和工業、石川製作、松屋、インベスターズクラウド、ヨシムラ・F・Hは値下がり率上位に売られた。

週明け、場中で動きが一変する可能性も

5日は、前場では利益確定売りで伸び悩んだが、後場から上値追いとなった。個別ではソニー<6758>トヨタ自動車<7203>などの主力が指数を牽引した印象が強く、海外投資家の強気姿勢が窺える。

ソニー<6758> 日足(SBI証券提供)

ソニー<6758> 日足(SBI証券提供)

トヨタ自動車<7203> 日足(SBI証券提供)

トヨタ自動車<7203> 日足(SBI証券提供)

押し目待ちに押し目無しの状態になっているが、先物主導の印象が強く、昨年の上昇過程同様に、引き続き、場中で動きが一変する可能性があることには注意したい。

Next: 個別銘柄のポイント:ゼンリン<9474>、立川ブラインド工業<7989>ほか

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー