ビットコイン「ガチホ時代の終焉」と計画的急落。株式市場の連鎖崩壊は起こるか?

現在のビットコインはあくまで「疑似餌」です。2018年は、暗号通貨市場と株式マーケットで、連鎖的に「地獄の釜の蓋」が開く年になるかもしれません。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2018年1月25日第241号パート1の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。1月29日に配信されたパート2、パート3もすぐ読めます。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

※本記事はビットコインの購入を推奨するものではありません。この記事を投資の参考になさらないようしてください。

祭りの背後に仕掛人あり。2018年の暗号通貨・株式相場が危ない

例年とは何かが違う「1月の暴落」

この1ヵ月、暗号通貨市場は、激流に飲み込まれた木の葉のように翻弄され続けてきました。とはいえ、この1両日で、「January Dip」による調整が終了するのか、あるいは、さらに下値を模索するのかが決まりそうです(※編注:原稿執筆時点2018年1月26日)。

「January Dip」とは、「1月の暴落」の意味するとおり、暗号通貨市場に毎年1月に起こっている暴落劇のことで、今年を含めて4年連続で起こっていることから、もはや経験則になっています。

過去には、「January Dip」を乗り越えると、2月からは上昇相場に転じることが経験的に確かめられているので、「暴落こそ絶好の買い場」とばかりに、1月下旬から買いが入るのです。

しかし、チャートから見たテクニカル分析から分かるように、どうも今年は反発が弱いようです。

基軸通貨のビットコインは、徐々に下値を切り上げてはいるものの、去年とは違う動きを見せています。過去3年と違って、今年は警戒が必要です。

ヘッジファンドの餌食になる個人

この暗号通貨市場における今年特有の逡巡は、いったい、どこから来るのでしょう?

その手かがりを見出すためには、去年の「January Dip」のときのように、暗号通貨市場の動向だけを追うのではなく、株式市場、債券市場、不動産や貴金属・石油・銅などのコモディティー市場の値動きをも視野に入れたマクロ的視点が必要になってきます。

今年から、暗号通貨市場に投入された資金が、そのときどきの情勢を察知しながら、よりパフォーマンスの高い市場を行ったり来たりするようになったからです。

2016年以前に、ビットコインやアルトコインを購入していた人は、投資の知識などなくても数十倍、数百倍、数千倍にもその資金を膨らませることに成功しました。

それまで、投資の素人だった彼らの何割かは、2018年からの暗号通貨市場が激動期に入ることを悟って、大方の資金を貴金属(特にゴールド)市場に移し替えているのです。

あるいは、この暴落で大幅に時価総額が減ってしまった暗号通貨市場への新たな資金流入が少し先になると予想しているのか、一部の資金が、再び株式市場に流入しようとしているように見えます。

2017年までの暗号通貨市場は、時価総額が小さすぎて、他の市場の値動きにほとんど影響を与えませんでした。いわば、純粋培養された無風状態の市場環境の中で、いっさいのテクニカルを無視して、どのアルトコインが上昇するのか、SNSで占っていれば良かったのです。

しかし、この1月の「January Dip」で、暗号通貨投機家たちは初めてヘッジファンドの獰猛さを思い知ったのです。

今後の暗号通貨市場を予測する上で、どんな売りにも狼狽せずに、ひたすらガチホ(HODL=ホードル)していればいずれは上がる、といった根拠なき熱狂からいち早く脱出する必要があります。

Next: ガチホ時代の終わりと、2018年暗号通貨市場「生き残りの条件」

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー