村上世彰氏の強制調査に想う~付論:加藤暠氏・堀江貴文氏・江副浩正氏=山崎和邦

投資歴54年の山崎和邦氏が思い出の投機家や重大事件を振り返る本連載、今回のテーマは「村上世彰氏の強制調査」についてです。山崎氏は「村上氏を擁護するわけではないが、証券取引等監視委員会や検察のやることの半ばは、正義の仮面を付けた罠であると筆者はつとに思っている」と言います。

村上世彰氏「強制調査」は東芝問題から目をそらせる意図か?

村上氏はかつてインサイダー取引の発覚により逮捕された身である。保釈後シンガポールに移住したが現在は六本木ヒルズの住人、ゆえに強制調査もやりやすい。

いまこの時期に、かつて世間を騒がせた人物の関係先に強制捜査に入り、テレビカメラにまで知らせて放映させるのは、東芝から目をそらせる姑息な手段ではないかと筆者は“ゲスの勘繰り”で思っている。

東芝は三井系の名門企業で総理大臣をも恐れさせた経団連の名会長・石坂泰三を輩出した。また、中曽根内閣と協力して国有鉄道の民営化に力を発揮し、行政改革にも取り組んだ経団連の大会長・土光敏男氏も輩出している。第一、現在も郵政の社長で東京証券取引所の前々社長だった西室さんを出した名門企業だ。

そんな東芝の「組織ぐるみの大粉飾」を、誰もそうとは言わず単に「不適切決算」と言う。株価が日立の半値以下になったことはココム協定違反の時を含めて過去50年で3回しかなくて、今が3回目だ。

決して村上氏に肩入れするわけではないが、証券取引等監視委員会や検察のやることの半ばは、正義の仮面を付けた罠であると筆者はつとに思っている。今回は相場操縦という「悪行」に、世論の矛先を持っていきたかったのだ。

カラ売りで儲けることは決して違法行為ではない。村上氏の場合は「終値関与」と言われる相場操縦の疑いである。

彼は、引け間際に大量に売って投資家を慌てさせて投げさせ、あるいは引け間際に大悪材料が出たと思わせてカラ売りまで誘導して大幅安を起こさせて、カラ売りしておいた自分の玉を安値で買い決済して儲ける、というやり方で「相場操縦」を意図的に仕組んだという。

相場操縦は犯罪であるが、では、終値で売って悪いのか、という理屈になる。検察は立件するのは難しいだろうと思う。大引けを売って安くさせるということは、かのロスチャイルド家もよくやったそうだ。

日本の現行税法では、上場株式の相続税は、死亡した日の終値か、死亡前月の平均株価か、死亡前々月の平均株価か、の3ケースのうちの最安の株価をもって課税対象とする。

ロスチャイルド家は当主が死の床に居る時、その日の終値を安くすべく、持ち株を大引け間際にどんどん売った。そして相続課税対象価格を下げておいてから、安値を買い直した。有名な話である。当主が臨終だという最中に、証券会社に持ち株の売りを指示するのだ。ここがユダヤの血の冠たるところであろう。ロスチャイルド家の当主が死亡寸前だという話が流れると、ロスチャイルド家が大株主になっている銘柄はカラ売りの対象になった、という話まである。

一説によると(海外通の読者から聞いた)、村上氏にはインド人と中国人の血が入っているという。シルクロードと喜望峰回りの航路で、宝石や胡椒で大儲けした商業の民インド人、中国ユダヤと言われ華僑と呼ばれるカネと商業の民であった殷の国の末裔のDNAを引く中国人、この両者の血が入っているというのはさもあらんと思う。

ところで、彼のお嬢さんの写真を見ると円らな眼をした美形で、インド女性の面影を見るような気がする。ミスユニバースに選ばれる女性は、概ねはインド人の血が入っている場合が多いと、これは筆者がインドに行ってみた時に聞いた話だ。

村上ファンドは元来が「アクティビティ(アクティビスト)ファンド」と呼ばれるもので、「もの言う株主」の大手だと思えば概ね近い。ワルモンではない。無論、犯罪ではない。内部留保ばかりして、株主に報いない企業を大量に買って大株主となって、「株主に報いよ」と迫ることを趣旨とする。英国の「ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド」などが著名である。

Next: 村上氏と、加藤暠氏、是川銀蔵氏、堀江貴文氏を比べてみれば

1 2 3

山崎和邦(やまざきかずくに)

山崎和邦

1937年シンガポール生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。野村證券入社後、1974年に同社支店長。退社後、三井ホーム九州支店長に、1990年、常務取締役・兼・三井ホームエンジニアリング社長。2001年同社を退社し、産業能率大学講師、2004年武蔵野学院大学教授。現在同大学大学院特任教授、同大学名誉教授。

大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は現職の投資家。投資歴54年、前半は野村證券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築、晩年は現役投資家で且つ「研究者」として大学院で実用経済学を講義。

趣味は狩猟(長野県下伊那郡で1シーズンに鹿、猪を3~5頭)、ゴルフ(オフィシャルHDCP12を30年堅持したが今は18)、居合(古流4段、全日本剣道連盟3段)。一番の趣味は何と言っても金融市場で金融資産を増やすこと。

著書に「投機学入門ー不滅の相場常勝哲学」(講談社文庫)、「投資詐欺」(同)、「株で4倍儲ける本」(中経出版)、近著3刷重版「常識力で勝つ 超正統派株式投資法」(角川学芸出版)等。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー