今後の上昇はあくまで中間反騰、主力は売り方の「踏み上げ相場」に=山崎和邦

大人気メルマガ『山崎和邦 週報「投機の流儀」』のHTMLデラックス版が新登場!テキストメルマガではできなかったチャートや図解を用いた解説も掲載。今回の「わが追憶の投機家たち」ではこのデラックス版の3月6日号から、当面の市況やGPIFの日本株買い余地、米雇用統計、G20の結果などについて山崎和邦氏の最新分析をご紹介します。

※最新の書き下ろし記事(2/28公開)もぜひあわせてご覧ください
株安2大要因を覆す「理外の理」 マイナス金利と原油安、私はこう見る=山崎和邦

究極の戻り限界は1万8000円、これはあくまで中間反騰である

(1)当面の市況

2日(水)に、上値抵抗線となっていた25日線を上回って下値不安が漸く薄れた。中間反騰相場に入った。窓も埋めた。

図1 日経平均の戻り目途

図1 日経平均の戻り目途

昨年6月の大天井とその半値押しとの落差の3分の1戻りは3日に達成した。下げ幅は(20,952円-14,866円=6,086円)だから、6,086/3=2,028円12日安値14,866円+2,028円=16,894円、3月3日16,960円。

2007年の夏、サブプライム破綻の暴落のあと、2008年3月~6月の20%の中間反騰があった。昨年9月から12月1日までも18%高の中間反騰。これに倣って12日の14,868円から20%の中間反騰とすれば17,893円となり、これが2月1日の17,905円に符合する。その前に17,684円の窓埋めを果たさねばならない。ここから上は支援材料がなければ進めない。

図2 2008年の中間反騰

図2 2008年の中間反騰

今年に入って海外勢の売り越しが年換算で18兆円超である。これは史上最高の海外買い越し額が14年の15兆円だったことと比較すると膨大な売り越しである。

海外買い越しの力で始動点8665円から20952円を示現した。よって、その分が逆の力となっているのだから、

1:今後の上昇はあくまで中間反騰であること、
2:この中間反騰の主力は売り方の主導(「踏み上げ相場」)であること、
これを銘記しておきたい。

欧米投資家から見れば、「円安傾向が止まって日本株に割安感が薄れたこと」、オイルマネーから見れば「背に腹は替えられないから換金売りをする」というところであろう。

突っ込みを冷静に拾うのはシタタカな国内個人投資家であるが彼らは上値を追わない。衝動買い的に上値を買う投資家にはそれ以上を買い上げる力はない。

図3 外国人の売越しは2カ月で3兆円

図3 外国人の売越しは2カ月で3兆円

25日線の上で値がため出来るか否かである。それが出来れば、次の因縁場は17,000円前後となる。この辺には3月3日付の日経新聞21頁に整理されている通り数々の因縁場に相当する。

50日線も横たわるし年金買いもこの急速な上昇場面は買えないだろう。

これを突破して7月選挙に備えて財政出動させて直ちに効かせるような事がなければ18,000円は究極の戻り限界であろう。

一方、25日線を抜いた2日のカラ売り比率は今年最低の36%台に落ちたが昨年平均34%よりは高い。

Next: (2)米雇用統計とNY市場の「もろ刃の剣」と悪材料の好材料化

1 2 3 4 5

山崎和邦(やまざきかずくに)

山崎和邦

1937年シンガポール生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。野村證券入社後、1974年に同社支店長。退社後、三井ホーム九州支店長に、1990年、常務取締役・兼・三井ホームエンジニアリング社長。2001年同社を退社し、産業能率大学講師、2004年武蔵野学院大学教授。現在同大学大学院特任教授、同大学名誉教授。

大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は現職の投資家。投資歴54年、前半は野村證券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築、晩年は現役投資家で且つ「研究者」として大学院で実用経済学を講義。

趣味は狩猟(長野県下伊那郡で1シーズンに鹿、猪を3~5頭)、ゴルフ(オフィシャルHDCP12を30年堅持したが今は18)、居合(古流4段、全日本剣道連盟3段)。一番の趣味は何と言っても金融市場で金融資産を増やすこと。

著書に「投機学入門ー不滅の相場常勝哲学」(講談社文庫)、「投資詐欺」(同)、「株で4倍儲ける本」(中経出版)、「常識力で勝つ 超正統派株式投資法」(角川学芸出版)、近著3刷重版「賢者の投資、愚者の投資」(日本実業出版)等。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー