fbpx

退職金の使い道は限られている。ローン完済や資産運用に回す前に知るべき困窮リスク=牧野寿和

支出の根拠が明らかでないと使えない

よくお聞きすることに、退職金が老後の生活資金と言っても、老後の家計収支や貯蓄額の推移が把握できていないと、退職金が将来的に枯渇しないか心配で使うことができないということです。

そこで、この問題を解決するには、ご自身またはご夫婦の家計収支や貯蓄の流れを一覧表(キャッシュフロー表)を作成することです。

その表を参考にしながら使う計画を立て使うようにすれば、安心して生活もできるでしょう。

ただし、退職金の金額も限られています。従って、ほとんど生活費に使うことになるでしょう。

退職金は現金だからこそ運用する時間的な制約や金額にも限りもあり、退職金の使い道は限られているのです。

【関連】日本人の8割が加入する生命保険はムダだらけ。対策すべきは不慮の事故より長生きリスク=俣野成敏

【関連】「彼氏にしたい職業」上位はぜんぶ地雷、玉の輿に乗りたいなら○○な男を選べ=午堂登紀雄

【関連】デリヘルの主力は30代シンママ。「誰もが羨む美人OL」が風俗に墜ちる日本の地獄=鈴木傾城

image by:graphbottles / Shutterstock.com
1 2 3

【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ』(2021年3月10日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ

[無料 週刊]
ご自身の描いた老後の生活を実現するために、 40代から、退職・完全リタイアをするまでに、 やっておくべきことがあります。 そんなことはわかっているよ!! でも、行動に移せないんだよね…… 実は、何から始めようか迷っているんだよ!? そもそも、何をしたらいいのかわからないんだよね??? そんな方のために、同年代の私、 「人生の添乗員(R)」が、 ファイナンシャルプランナーとして13年の実績と、 自身の人生経験から、 40代から、退職・完全にリタイアをするまでにすべき、 「貯蓄」と「節約」について、 毎週、1テーマずつお伝えします

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー