fbpx

ズボラでもお金が貯まる!FP直伝「3つの数字」を記録するだけの家計管理術=川畑明美

お金を管理しなくちゃと思いながらも、「家計簿なんて面倒くさい」という方は多いでしょう。実は、いちいち細かく収入と支出を管理しなくても、お金は貯められます。今回はフィナンシャルプランナーとして活動する私が実践した「3つの数字」を記録するだけで500万円を貯めた方法をご紹介します。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

【関連】仕事は60歳でスパッと辞めよ。人生100年は嘘、死ぬ間際に後悔しない「FIRA60(ファイラ60)」の人生プラン=榊原正幸

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2,000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

お金の管理は「3つの記録」でいい

「お金の管理をしましょう」と伝えると、家計簿をつけなくてはいけないと考える人が多いようです。ですが、単純に「収入・支出・残高」を確認するだけでも、大きく違います。

まずは給料日に、入金された金額を記録します。これが「収入」ですね。

そして、お給料日の前日までに銀行から引き出した金額を書き出します。こちらは「支出」の合計です。

さらに、銀行の「残高」も記録しておくと良いでしょう。

お給料の金額よりも引き出した金額の方が多ければ赤字家計です。

たったこれだけ。収入・支出の合計と、銀行の残高を記録するだけでも、家計の状況がよくわかり、お金は貯まりやすくなります。

レシートやキャッシュレス決済の明細を確認する

そして、できれば買い物をしたレシートやキャッシュレス決済の明細も眺めてみましょう。

「この支出は節約できるなぁ」と思える分を、翌月から給料日に他の銀行口座に預け替えという方法もあります。つまり、貯蓄用の口座にお金を入金するということです。

これを「お給料日にやる」のが大切です。

Next: 「3つの数字」を記録して500万円を貯めたFP直伝の貯蓄術

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー