fbpx

オバマ広島訪問の裏。日本では決して報道されないフザけた「誠意」=不破利晴

「情けないことにねえ、日本は謝罪を求めないんだってさ!」

最も価値観を共有しているトモダチなどと言い、散々持ち上げておきながら、アメリカは日本を軽蔑し小馬鹿にし、そして忌み嫌っているところがある。

要するに、「情けないことにねえ、日本は謝罪を求めないんだってさ!」と言いたいのだろう。そして、そこまでコケにされてもなおオバマに日本に来て欲しいと思っている安倍首相や岸田外相とは、どれだけ間抜けでナイーブなんだろうと呆れてしまう。

この場合の“ナイーブ”とは“繊細であること”ではなく“世間知らずの素人”といった意味だ。

とはいえ、日本がアメリカに対し毅然と謝罪を求めても、アメリカは絶対にそれに応じることはないだろう。アメリカをドラえもんのジャイアンに例えて“ジャイアニズム”と皮肉る識者がいるほど、アメリカは自らの非を認めない国だ。

そして、そんな横柄なアメリカを受け入れ、謝罪を求めない日本は、広島という核兵器の犠牲になった日本国土の一断面という系譜から捉えれば、まさに「核兵器を容認する」と言っても過言ではない態度を示していると言えるのだ。

日本のことなど眼中にないオバマ

オバマ大統領にしてみれば今回の広島訪問は、アメリカ大統領として最後の錦を飾る重要な位置づけにあると考えることができる。

しかしそれはあくまでノーベル平和賞受賞のきっかけとなったプラハ演説をどうにかして完結させ、なおかつ一定の歴史的偉業の象徴とする必要に迫られているだけである。

その意味において、オバマ大統領は当初の期待を完璧なまでに裏切り、かつ就任当初からレームダックな大統領であった。つまり、皮肉なことではあるがノーベル平和賞は最後までオバマを制約し続けたのである。

だから、オバマは広島訪問に際しても日本のことなど眼中にない。オバマとはつまらない男だと思う。

Next: 「対米従属」に奔走する我が国日本と安倍政権

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー