fbpx

いつまで特大ファウル連発? 黒田日銀総裁「怒りのカット打法」=藤井まり子

安倍政権は黒田日銀総裁をクビにする?

日本経済の場合は、デフレがあまりにも長きにわたって続いたので、ここから抜け出すには、ものすごい勢いが必要です。人々の心の中には、負け癖、節約癖がしみ込んでしまっています。

ここから脱出するには、それこそ「ロケットのような推進力」が必要。そのためには、今の日本には、積極財政とセットになった「ヘリコプターマネー」が必須なのです。

ただし、これほどの重責を、黒田日銀という単独の組織の決断(責任)に背負わせて良いものでしょうか?

「新発国債や新発財投債については、これを日銀が買い支える」ことを、国会で堂々と決議したほうが良いのではないのか?正当なヘリコプターマネーを発動するとの国会審議を経て、しっかりと決議してから、日銀にヘリコプターマネーを発動してもらうという正当な手順を踏んだほうがよいのではないか?」と、当メルマガではそう考えるようになりました。

日銀だけにヘリマネの決断と責任を背負わせようとするなら、黒田日銀総裁は、どんなに追い込まれても、ホームランではなく、今後もひたすらファウルを打ち続けて粘ろうとするのではないでしょうか?

それとも、安倍自民党政権は、黒田日銀総裁をクビにして、ギンギンのリフレ派(たとえば、本田悦朗元内閣官房参与あたり)を日銀総裁に持ってくることになるのでしょうか?


※本記事は、『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2016年8月2日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に定期購読をどうぞ。

【関連】「ヘリコプターマネー」導入で日本が操縦不能になるシンプルな理由=東条雅彦

【関連】英国EU離脱でも中国でもない、ジョージ・ソロスが怯える「第3の危機」

【関連】日銀追加緩和決定で円高・株高が同時進行も、日本株は再度下値トライへ=E氏

1 2 3

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2016年8月2日号より一部抜粋、再構成

有料メルマガ好評配信中

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート

[月額16,500円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「マクロ金融・資産形成 de あそぼ♪」の筆者:藤井まり子が、金融資産3,000万円以上の読者に向けて送る「富裕層向けの資産形成のプレミアム・レポート」。第一メルマガ「~de あそぼ♪~」が、「結論と要約だけ知りたいし、具体的に何をしたらよいの教えてほしい」と熱望しておられる愛読者様に、是非ともお勧めです。この第二プレミアム・メルマガの購読者の方々は、ゴールド会員として、よりきめ細やかなアドバイスも、常時双方向で無料提供します♪年金不安なんか、ぶっ飛ばしましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー