fbpx

ドル円の反発は短命に。米国の本音はドル安誘導、問題は水準だけ=江守哲

アメリカにとって望ましい為替水準はいくらか?

現状では、110円±5円程度の範囲であれば、米国も受け入れ可能といえそうですが、それもあくまで推測でしかありません。

一方で、120円を超えるドル高・円安となれば、現状よりもドル高に対するけん制はかなり強くなるでしょう。逆に105円を割り込むようなドル安を見込んでいるとも思えません。

そう考えると、現状の108円前後はかなり固いサポートになる可能性はあるでしょう。

一方で、日米実質金利差から見たドル円の理論値は104.80円程度です。これは、きわめて重要な指標です。つまり、ここまで下げてしまう可能性を念頭に入れておく必要があるということです。

今年のドル円の弱気シナリオのレンジ下限は104円割れの水準であり、相場として一度はこのような水準を付ける可能性は否定できません。

一応、過去のデータから算出される変動率からみた水準ですので、無視するわけにはいきません。

現在の円高基調が持続可能かは不明ですが、105円を割り込み、さらに地政学的リスクの高まりなどがあれば100円に近づくことも十分に考えられます。

そうなれば円売り介入の懸念が高まる可能性があるでしょう。そのため、100円を割り込むほどの円高は年内に関しては難しいように思われます。

しかし、実際にどのような動きになるかは本当に読めません。そのようなことに余計な時間をかけるよりも、過去データと理論値を頭に入れたうえで見ていくのが良いでしょう。

いまのトレンドでみると、やはり113円以上はかなり難しそうです。まして、115円超えは相当困難でしょう。

相場ですのでないが起きてもおかしくありません。しかし、ドル円については上昇の期待感がないというのが本音です。
続きはご購読ください。初月無料です

初月無料購読で今すぐ読める!2017年4月24日号の目次

・マーケット・ヴューポイント~「リスクを取ったものが勝利する」
・株式市場~米国株は企業決算を冷静に見よ、日本株はようやく反発
・為替市場~ドル円はよいところ
・コモディティ市場~金は堅調、原油は急落
・今週の「ポジショントーク」~リスクはリスクにあらず
・ヘッジファンド投資戦略~「米国株の割高感への警戒」-投資戦略構築のポイント
・マーケット人生物語~私の人生を変えたアノ事件
・ベースボール・パーク~「野球は連勝だが...」
・セミナー・メディア出演のお知らせ


本記事は『江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて』2017年4月24日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事の続き(「為替市場~ドル円はよいところ」の全文。日銀・FRB・ECBの金融政策や想定レンジを詳しく解説)や、株式市場、コモディティ市場の分析もすぐ読めます。

【関連】米国株は「2029年まで続く超長期上昇トレンド」の第2ステージに入った=江守哲

【関連】本当はカール・ビンソンより怖い米軍特殊観測機。北朝鮮は重大局面に=児島康孝

【関連】「シェアハウス」に例えて理解するフランス大統領選とEU、本当のポイント=矢口新

1 2

有料メルマガ好評配信中

江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて

[月額3,300円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く) ]
株式・為替・コモディティなどの独自の市場分析を踏まえ、常識・定説とは異なる投資戦略の考え方を読者と共有したいと思います。グローバル投資家やヘッジファンドの投資戦略の構築プロセスなどについてもお話します。さらに商社出身でコモディティの現物取引にも従事していた経験や、幅広い人脈から、面白いネタや裏話もご披露します。またマーケット関連だけでなく、野球を中心にスポーツネタやマーケットと野球・スポーツの共通性などについても触れてみたいと思います。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー