fbpx

子供に働く喜び、お金を貯める喜びを教えたいのですが…=本田健

ベストセラー『ユダヤ人大富豪の教え』で有名なお金の専門家・本田健が、あなたの相談にあたたかくお答えします。幸せなお金持ちになるために、現在の自分には何が足りないのか? お金持ちの本質がわかります。(『本田健がこっそり教える 幸せな小金持ちになるための「お金と仕事」の秘密』本田健)

プロフィール:本田健(ほんだ けん)
神戸生まれ。経営コンサルタント、投資家を経て、29歳で育児セミリタイヤ生活に入る。4年の育児生活中に作家になるビジョンを得て、執筆活動をスタート。「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。著書に『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』など累計発行部数700万部を突破。

幸せなお金持ちとして生きるためのヒント

りりいさん 53歳女性のお悩み

「子供に働く喜び、お金を貯める喜びを教えたいのですが…」

私は子供2人の母子家庭の母親です。物心ついてずっと父親がいなく、女手ひとつ、他に誰も頼るものもなく朝から晩まで仕事してきました。

そんな後ろ姿を見てきているはずなのですが、上の子供は24歳にもなりながら、自立できません。大学を出ても就職ができず、アルバイトはしますが給料をまともに取って帰れない。同じように育てたつもりですが、上の子と下の子は正反対。お金に対する行動も全く違います。

子供をどのようにすれば、自立させることができるでしょうか?

本田健のアドバイス

「よく話し合って、お金の境界線を作りましょう」

まず、子供のお金の使い方は、その子の性格や生まれた順番によっても、全然違うものです。上の子が浪費家タイプになると、下の子供は、堅実派になったりするものです。

上のお子さんに関しては、親子の間での、お金の境界線が必要だと思います。20才を過ぎたら、自分の足で立つことをどこまで厳しく求めるかです。病気などの場合は例外だと思いますが、そうでなければ、自立することは社会の厳しさを体験する意味でとても大切です。

それによって、親に対して感謝の気持ちが湧くでしょうし、自分の力にも自信がつくものです。一方的に頼らせているだけでは、お互いの癒着で首を絞めることになってしまいます。一度、2人で話し合うことをおすすめします。

【初出:マネーのまぐまぐ! 2008年09月22日】
※マネーのまぐまぐ!は、MONEY VOICEに統合されました。

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

本田健がこっそり教える 幸せな小金持ちになるための「お金と仕事」の秘密

[月額480円(税込) 毎週月曜日(年末年始を除く)]
700万部突破のベストセラー作家、本田健が送るメルマガ。幸せな小金持ちになるために知っておくべきお金と仕事の秘密とは?人生相談ができるQ&Aコーナーや名言なども紹介。大好きなことで経済的自由を手に入れる知恵が学べます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー