fbpx

見栄を張っておごってしまいます…=本田健

ベストセラー『ユダヤ人大富豪の教え』で有名なお金の専門家・本田健が、あなたの相談にあたたかくお答えします。幸せなお金持ちになるために、現在の自分には何が足りないのか? お金持ちの本質がわかります。(『本田健がこっそり教える 幸せな小金持ちになるための「お金と仕事」の秘密』本田健)

プロフィール:本田健(ほんだ けん)
神戸生まれ。経営コンサルタント、投資家を経て、29歳で育児セミリタイヤ生活に入る。4年の育児生活中に作家になるビジョンを得て、執筆活動をスタート。「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。著書に『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』など累計発行部数700万部を突破。

幸せなお金持ちとして生きるためのヒント

うな重さん 29歳女性のお悩み

「見栄を張っておごってしまいます…」

私は人におごってしまう癖があるんです。そんなに給料も変わらない後輩に、毎回ランチをごちそうしてしまったり、割り勘のときに大目に出してしまったり…。そして家に帰ってから、ものすごーく落ち込みます。欲しい服とか雑貨とかいろいろ我慢してるのに、なんでその場ではおごりたくなってしまうんでしょうか。私のお金の使い方はやっぱりおかしいですか?

本田健のアドバイス

「『私は、与えたい人なんだ』と考えてみて下さい」

あなたは、いい人ですね!

きっと、周りからも、好かれていると思います。落ち込む必要はないと思います。あなたが落ち込むのは、「格好をつけようとして、ご馳走する無駄遣い女だ」と自分のことを判断しているからだと思います。「いつもまわりのことを考えるすばらしい女性」とは、考えられないでしょうか?

たしかに、ご馳走しなければ、気が済まないというのは、衝動行動でもあります。でも、それが極端でなければ、私は「与えたい人なんだ」と自分のことを誇らしく思うのも、ひとつです。

雑貨を買うよりも、誰かを喜ばせる癖のある人は、金運にもめぐまれるでしょう。少々の金額のことで、自分を責めないようにしてください。

【関連】生活水準が違う人と気持ちよく付き合うには? – 本田健 お金のカウンセリング室

【初出:マネーのまぐまぐ! 2008年07月28日】
※マネーのまぐまぐ!は、MONEY VOICEに統合されました。

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

本田健がこっそり教える 幸せな小金持ちになるための「お金と仕事」の秘密

[月額480円(税込) 毎週月曜日(年末年始を除く)]
700万部突破のベストセラー作家、本田健が送るメルマガ。幸せな小金持ちになるために知っておくべきお金と仕事の秘密とは?人生相談ができるQ&Aコーナーや名言なども紹介。大好きなことで経済的自由を手に入れる知恵が学べます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー