fbpx

バブル時代に、頑張り次第で「年収1000万円」を稼げた意外な職業とは?

中年以上の人にとっては栄光の古き良き過去。若い人たちにとっては、もはや神話であるバブル時代。

人々は様々な分野で湯水のようにお金を使い、タクシーは万札を振って捕まえた。

【関連】逆に考えよ。いま世界が目撃しているのはビットコインバブルではない=房広治

そんな逸話が当たり前だったように語られる、当時の景気の良さを解説する、電気屋(@thedenkiya)さんという方のツイートが今、Twitter上で話題を呼んでいる。

トラックの運転手がそんなに稼げた時代があったとは…。
確かに今でも、自動車の大型免許を持っていれば、食い扶持には困らないと言われている。

だがそれはあくまでも、平均的な生活が送れるというだけの話。電気屋さんが語るかつてような、一攫千金の待遇とは程遠い。

バブル崩壊にも様々な理由があり、また当時も決して良いことばかりだけではなかった。

だが1つ『社会の活気』という点に関してだけいえば、間違いなくあの時代の圧勝ではないだろうか?

Twitterの反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】平成バブル崩壊の思い出。校長先生が朝礼で中学生の僕に話したこと=東条雅彦

【関連】日本人は「バブル崩壊」の何に懲りたのか? それでも相場は繰り返す=炎

【関連】大蔵省証券局と三重野日銀の大罪 平成バブル崩壊の真相(前編)=山崎和邦

【関連】今の日本はバブル期よりも好景気?「そんなわけはない」これだけの証拠=三橋貴明

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい