fbpx

「2%インフレ目標」を達成できなかった現代日本に欠けているもの=田中徹郎

長い間、当然だと考えられていたことが、実は単なる思い込みにすぎなかったというのはよくある話です。最近では「インフレ目標」を中央銀行が設定するのがはやりですが、これも疑ってかかるべきかもしれません。(『一緒に歩もう!小富豪への道』田中徹郎)

プロフィール:田中徹郎(たなか てつろう)
(株)銀座なみきFP事務所代表、ファイナンシャルプランナー、認定テクニカルアナリスト。1961年神戸生まれ。神戸大学経営学部卒業後、三洋電機入社。本社財務部勤務を経て、1990年ソニー入社。主にマーケティング畑を歩む。2004年に同社退社後、ソニー生命を経て独立。

「日銀への丸投げ」をやめ、企業と従業員の悲惨な関係を見直そう

無理だった、日銀「2%のインフレ目標」

長い間、当然のように思われていたことでも、今になって考えれば単なる思い込みにすぎなかった…。振り返ってみると、こんなことはよくあります。

例えば、僕が就職したころは、一度入社してしまえばそれっきりで、一生同じ会社に勤めることが当然とされていました。給料は毎年上がるのがあたりまえでしたし、若手の社員は長期の住宅ローンを早々に借り、マイホームを建てて一人前になると考えられていたものです。

今から考えると、どれもこれもおかしな話です。

【関連】資産運用のプロである私が考えた「2017年型ポートフォリオ」のすべて=田中徹郎

最近では「インフレ目標」というものを中央銀行が設定するのがはやりですが、これも疑ってかかるべきかもしれません。まず人為的にモノの値段をあげるというようなことが、そもそも可能なのかという疑問です。

4年前に黒田さんが日銀総裁に就任したとき、2年後に2%のインフレ率達成を宣言しましたが、「期待に働きかける政策」はすでに失敗に終わったようで、またまたデフレに戻りつつあります。この4年間、あれだけ大胆にインフレ誘導を試みたにも関わらずです。4年もやれば成功か失敗かくらいはわかるはずで、そこは日銀も十分自覚しているでしょう。

つまり、金融政策だけでインフレに誘導するのは、無理だったということです。

これから日本経済は何を目標にするべきか

では、日本経済はこれから何を目標に政策を選択していくべきなのでしょう。

僕は、経済の実態を伴わないインフレ誘導、言い換えれば「日銀への丸投げ」を早々に終えるべきだと思います。

安倍さんの三本の矢、すなわち

  • 構造改革
  • 金融政策
  • 財政出動

の筆頭にあげるべき構造改革の、一丁目一番地はいったい何なのでしょうか。

Next: 「残業ゼロ」という希望の光。インフレ誘導への正しい道筋を僕はこう考える

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい