fbpx

Googleはさらに成長する!そのカギとなる「たった1つのKPI」とは?=シバタナオキ

広告クリック数はこれまで通り大幅増

初めに広告のクリック数を見てみます。

171109google_3

クリック数の絶対値はいつも開示されませんが、広告クリック数はYoY+47%、QoQ+6%と、非常に早いペースで成長が続いています。

このトレンド自体はこれまでと同様で、特にAndroid Oがグローバルで80%を超えるマーケットシェアを誇っていますので、スマホが売れれば売れるほど、Googleの広告が掲載される「面(媒体)」が増えることになり、広告のクリック数がこのような高い成長率で増え続けている、というのが、Googleのここ数年間のトレンドです。

クリック単価がついに上昇へ

次に、広告のクリック単価を見てみたいと思います。

171109google_4

広告のクリック単価はYoY-18%になっています。このクリック単価のマイナス成長も、これまでのトレンド通りです。

なぜクリック単価が下がるかと言うと、Googleの広告売上の中で、PCにおける広告売上はおそらく減少傾向か、良くてもフラットな状態である一方で、スマホの広告売上が圧倒的に増えています

クリック単価を考えると、PCにおける広告の方が、クリック単価は圧倒的に高い傾向にこれまでもありました。スマホが登場する前はGoogleのビジネスはほぼ100%、PCにおける広告であったため、Googleの売上に占めるスマホ広告の割合が増えれば増えるほど、そしてスマホ部分の成長率が高ければ高いほど、クリック単価は下がっていくことになるわけです。

今回注目すべきは、前四半期ベースで見るとかなり久しぶりにプラスに転じた、ということに尽きます。

171109google_5

Techcrunchのグラフが一番わかりやすいのでそちらを掲載しますが、このグラフにあるように、これまではYoYでもQoQでもマイナス成長が続いていたのが、ようやく今回プラスに転じたというわけです。

この、クリック単価がプラスに転じたという事実は、Googleの広告ビジネスを考える上では、非常に重要な点になります。

これが意味するところはおそらく、PCにおける広告売上の減少のスピードを、スマホによる広告売上の増加のスピードが大きく超え始めた、という非常に意味のあるティッピングポイントになるからです。

広告クリック数自体はYoY+40%を超えるスピードで成長していることになりますので、クリック単価が下げ止まれば、Googleの広告ビジネスの成長スピードはさらに加速することが十分期待できるでしょう。

Next: 一部で懸念されている「トラフィック獲得コスト上昇」は心配なし

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー