fbpx

暴騰するビットコインの未来をゴールドマンと「1%の富裕層」はどう見ているか?

ゴールドマンの顧客は「1%」の人々

ゴールドマン・サックスとは、多国籍企業などの大企業や富豪を上得意とする投資銀行で、一般市民のうちの、多少の小金持ちでさえも顧客としていません。つまり、「1%」の人々の資産を管理し、増やすことを目的としている金融機関です。

ロイ・ブランクファインCEOのツイートは、ゴールドマン内部からのリークを打ち消すように投じられました。

彼らが「ビットコインを検討する」と言うとき、それは、数兆、数十兆、数百兆円にも及ぶ「1%」のエリートたちの資産を効果的に、かつ安全に保護する手段のひとつとしてビットコインを位置付けていることを意味します――

続きはご購読ください。初月無料です<残約1万文字>

トランプラリーはドレッシング相場

震源はイタリア?それともドイツ?

バブル崩壊はこの順番か?

韓国の知識層からのメール


※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2017年11月16日第231号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。12月に配信された最新号『2018年、さようならビットコイン!こんにちはビットコインキャッシュ!』シリーズもすぐ読めます。(※本記事の続きは11月分バックナンバーをお求めください)

<初月無料購読で今すぐ読める! 12月のバックナンバー>

※いま初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・2018年、さようならビットコイン!こんにちはビットコインキャッシュ!(その2)(12/17)
ビットコインのメントース、ロジャー・バーという男
投資家である前に、さらなる自由を希求するリバタリアン
「ガチホ」によって悪化するビットコインの流動性
ビットコインの閉塞状況
ICOの代替手段としてのハードフォーク・ラッシュ
etc.

・2018年、さようならビットコイン!こんにちはビットコインキャッシュ!(その1)(12/14)
2009年1月10日は、ビットコインが“起爆”した日
暗号通貨が理解できるようになると、フィアット通貨の詐欺が見抜けるようになる
世界的な右傾化の流れは、通貨システム崩壊の予兆
「1BTCの価値は、最終的には1000万ドルになる!?」
ビットコインの最小単位である「1Satoshi」はJPY換算で11円に相当
etc.

・「サトシ・ナカモト」の正体と人工知能政府の実現のために開発されたブロックチェーン(その2)(12/9)
中国とロシアがビットコインを禁止する本当の理由
マイニングの新規参入が増えるとシンギュラリティーが早まる!?
仮想世界で繰り広げられている、もうひとつの通貨戦争
国土安全保障省(DHS)と国家安全保障局(NSA)は、正体をつかんでいる
「ありてあるもの」を人工的な創造物で代替えしようとしている人々
etc.

・「サトシ・ナカモト」の正体と人工知能政府の実現のために開発されたブロックチェーン(その1)(12/8)
「ビットコインは、反政府で反規制という幻想を人々に与える」
「サトシ・ナカモト」の正体をつきとめようと、連日議論されているフォーラム
ビットコインは、数々の伝説の人物を生み出した
「サトシ・ナカモト」である最有力候補
なぜか、ディスインフォメーションを連発する米国メディア
etc.

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

12月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

11月配信分
・「ビットコインにはバブルはやってこない?」-人工知能政府の誕生を後押しするウォール街(11/30)
・恐怖のサイン点滅!2018年からは銀行システムの外側に避難すべき!(11/27)
・2018年の激動の年を前に避難先を失った富裕層の資金がビットコインに流入する!?(11/16)
・ドル崩壊のときにビットコインは本物の資産として通用するのか(その2)(11/13)
・号外【ビットコインに激変】(11/13)
・ドル崩壊のときにビットコインは本物の資産として通用するのか(その1)(11/9)
・「超権力」が人工知能を導入する前に各国政府は準備しなければならない(その2)(11/5)
・「超権力」が人工知能を導入する前に各国政府は準備しなければならない(その1)(11/2)

10月配信分
・SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その4)(10/30)
・SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その3)(10/27)
・SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その2)(10/23)
・SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その1)(10/19)
・中国とロシアは膨大な金(ゴールド)を背景に米ドルを崩壊させる(10/12)
・衆議院総選挙に忍び寄る親ワシントン(グローバリズム)の影(10/5)

9月配信分
・円を金(ゴールド)に替えて中央銀行の通貨システム詐欺の外側に避難する(9/28)
・グローバルなベーシック・インカムが、ブロックチェーンによって開始された!(その4)(9/26)
・グローバルなベーシック・インカムが、ブロックチェーンによって開始された!(その3)(9/26)
・グローバルなベーシック・インカムが、ブロックチェーンによって開始された!(その2)(9/24)
・グローバルなベーシック・インカムが、ブロックチェーンによって開始された!(その1)(9/21)
・ロシア最強の暗号通貨「クリプトルーブル」とイーサリアム開発者のICOバブルの警告(9/14)
・脱ドル化本格始動-ユーラシア新通貨システムによる世界秩序(その2)(9/10)
・脱ドル化本格始動-ユーラシア新通貨システムによる世界秩序(その1)(9/7)

【関連】SBI北尾会長はビットコイン開発者の「サトシ・ナカモト」と一体何を議論したのか?

【関連】ビットコイン消滅?「暗号通貨の勝利」を確信するIMFラガルドが描く未来

1 2 3

「カレイドスコープ」のメルマガ』(2017年11月16日第231号より一部抜粋、再構成)

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

『カレイドスコープ』のメルマガ

[月額770円(税込) 毎週木曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗」と言われます。国内外の確かな情報を、いくつも紡いで面にしたときに、初めて世界で起こっている事象の深層に迫ることができます。今こそ、ご自分のアングルと視座をしっかり持って、視界ゼロメートルの霧の中から脱出してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー