fbpx

蟻の一穴天下の破れ。「安倍内閣崩壊」の可能性はあるのか?=山崎和邦

森友学園の国有地問題をはじめ、安倍政権の足元を揺るがす不祥事が次々と表面化している。安倍首相が毅然とした対応を示さぬならば、まさかの内閣崩壊もなくはない状況だ。(山崎和邦)

※本記事は、有料メルマガ『山崎和邦 週報『投機の流儀』(罫線・資料付)*相場を読み解く2017年3月5日号の一部抜粋です。今月分すべて無料の定期購読はこちらからどうぞ。

安倍政権は足元に「森友学園」という時限爆弾を埋設されたのか?

安倍政権を脅かす「4つの不祥事」

トランプ政権の発足や日米首脳会談など外部にばかり注目している中で、安倍政権の足元を揺るがすような不祥事、蟻の一穴から内閣が瓦解することもあり得るというようなことが次々と表面化している。

64年前(1953年3月)、吉田茂元首相が独り言で「バカヤロウ」とつぶやいたことがマイクに拾われて議会は大騒ぎになり、彼は直ちに取り消したが、これが衆院解散の契機となって「バカヤロウ解散」は現代史に残った。運命は些細な事象で大展開するものだ。

【関連】森友学園と国の「危険な共謀」仕組まれたゴミ混入率が意味するものとは?=近藤駿介

不祥事1

いわゆる共謀罪を廻って、金田法相はまともな答弁ができず、審議が時に中断する事態が起きた。法務大臣と言えば、日頃のニュースでは地味な存在ではあるが、議会制民主主義国家においては立場上最高の地位にある者である。その印に、閣僚の名前が羅列されるときは一行目が法務大臣である。

(ところが残念なことに、日本の法務大臣には時に妙なのが現れる。就任式に男性の閣僚全員がフォーマルな服装であるモーニングで身を固めて、女性は和服がフォーマルとされているから和服であるときに、一人だけ真っ赤なブラウスを着たり手団扇を配ったりして退任した松島みどり元法相や、ろくに喋れない今回の金田勝年法相などである。)

不祥事2

文部科学省の天下り問題。大した問題ではないが、野党が根深く突っ込むと、この不祥事は政権の緩みとなって現れる。

不祥事3

自衛隊PKOで現場部隊の日報に「戦闘」と記録されているのに、その最高の上司たる稲田朋美防衛相は、「これは法律用語ではないから国会ではこの言葉は使わない。衝突と言う」というような答弁をした。現場部隊の日報に「戦闘」と書かれているのに、その上司はこれを否定する。これでは実際の現場に至ってはまったく統率がとれないことになる。池田屋騒動の斬り合いの最中に近藤勇が「あれは斬り合いではない」と言っているに等しい。

不祥事4

森友学園の国有地買収問題である。おそらくこれが最も大きな問題に発展する恐れがある。安倍昭恵夫人の不用意で無教養な言動は、それ自体は大した問題ではない。

問題は、国有地の買収について、もし安倍首相が何も知らない間に秘書またはその関係者が介入して国有地を安く売ったというであれば、これは完全に安倍内閣崩壊につながる。また、そのように導こうと努力するのが野党の仕事でもある。

これら安倍政権の足元を揺るがす一連の不祥事に毅然とした対応を示さないと、安倍政権の高い支持率が崩れ出す恐れもある。2012年の11月14日衆議院解散から始まったアベノミクス相場(始動点は8,665円)は、安倍政権と共にあった。この相場の余命も、安倍政権と共にある。

Next: 「安倍内閣の崩壊はないことではない」どうせ大丈夫と高をくくっていると…

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい