女性に多い老後の「おひとり様」。貧困転落を回避するための資産は?=川畑明美

老後を考える際、女性は夫が亡くなった後の「おひとり様」をどう乗り切るのかが重要です。10年間を単身で過ごすと仮定して、不足金額をどう補うかを考えましょう。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

不足金額は年間36万円。老後目前でもできることはたくさんある

女性は老後「おひとり様」になる可能性が高い

老後を考える際、女性は夫が亡くなった後の「おひとり様」をどう乗り切るのかが重要です。まずは、もらえる年金額を計算してみましょう。

最初にご自身の年金額を確認してくださいね。次に、夫が亡くなった後の上乗せ部分ですが、妻の働き方によって違います。

扶養控除内でパートをしていた場合の例で考えてみましょう。

その場合、夫が亡くなった後は、妻の老齢基礎年金に、夫の老齢基礎年金の3分の4からご自身の老齢基礎年金額を差し引いた金額が上乗せされます。

これは、個人差があるので現状の平均でザックリと計算してみましょう。現状では、夫が亡くなった後の年金収入は12万円/月程度が多いようです。

また、60歳以上の単身の女性世帯の平均支出額は、15万1,000円/月程度

毎月3万円くらい不足するということです。

10年をひとりで過ごした場合の不足額は…

何年おひとり様で過ごすのかは人それぞれですが、仮に10年だとすると360万円が不足します。

医療費は、それほど多くなく70歳以上の患者負担は1ヶ月1.2万円、入院で4.4万円程度。なので、1.2万円×12ヶ月×10年で144万円と、平均入院日数は31.9日なので余裕をもって2ヶ月分で8.8万円。医療費の合計は、153万円くらい。

介護費用は、程度によりますが800万円ほど準備しておくと安心です。

なので、10年間の不足額の合計は1,300万円ほどになります。割と高額ですね。

60歳を過ぎても「月3万円」は収入を得たい

例えば、「つみたてNISA」を活用すれば、年間40万円×20年でも額面だけでも800万円です。5%で複利運用できれば約1,344万円になりますので、ちょうど足りるイメージです。

つみたてNISAは、若い人だけのものではありません。10年おひとり様になるのかどうかは今から予測できませんが、予定しておいてもいいでしょう。

60歳以降でも、つみたてNISA分の「月3万円」をアルバイトなどで稼ぐくらいはできそうです。

何にお金を使いたいのか、よく考えて運用してくださいね。この部分は、ご自身しか答えを出せません。

Next: 50代からでも確定拠出年金(iDeCo)を活用する

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい