fbpx

女性に多い老後の「おひとり様」。貧困転落を回避するための資産は?=川畑明美

50代からでも確定拠出年金(iDeco)を活用しよう

去年から制度が変わって、公務員でも専業主婦でも誰でも加入できるようになった確定拠出年金。個人向けは、iDeco(イデコ)という愛称も付きました。

私は、50代の方にでも確定拠出年金の利用をおススメしています。

確定拠出年金は、運用益も非課税です。元本保障の定期預金や保険でも、利率が銀行よりも良い0.1~0.2%のものもあります。

月5,000円から加入できますが、できれば限度額の「月2万3,000円」を積み立てたいですね。

なぜなら、戻ってくる税金の金額が多くなるからです。例えば税率20%のサラリーマンが2万3,000円を積み立てた場合、所得税控除で5万5,200円が年末調整で戻ってきます。

50代からのシナリオは?

50代から確定拠出年金を始める場合、60歳で積み立ては終了しますので、期間が10年と短いため運用商品での冒険はせずに、元本保証の金融商品だけでもよいでしょう。税金の還付を考えると、それでも十分にメリットがあります。もちろん、運用した方が増えますよ!

例えば、限度額いっぱいの月2万3,000円を10年間積み立てた場合、1%で運用できれば276万円が約290万円になります。5%で運用できれば、約356万円です。

年末調整で戻ってきた税金も、もちろん運用に回してください。これはリスクをとって、NISA口座で運用するとよいですね。

年利8%で運用できれば、税金の還付金5万5,200円が10年で2倍になります。還付金を使うのであれば、心情的に冒険もできますね。

【関連】企業は儲けてるのに、なぜ家計は寂しいのか? アベノミクスの誤算=斎藤満

【関連】奨学金がこの国をダメにする。米国ではいっそ「帳消し」の議論も=矢口新

【関連】元銀行支店長は見た!「1億円貯めても不幸な人」の気の毒すぎる悩み=川畑明美

1 2

教育貧困にならないために』(2018年2月13日, 1月14日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい