fbpx

日本株の調整局面がやっと訪れた!「中国版バズーカ砲」と「ユーロ版マーシャルプラン」の督促相場へ

中国株の急落やギリシャ問題の煽りを受け、2万円を大きく割り込む場面があった日経平均株価。資産管理の専門家・藤井まり子氏は、この状況を「待ちに待った日本株の調整局面」とし、今後のマーケットは「中国版バズーカ砲」と「ユーロ版マーシャルプラン」の催促相場になると予想しています。

【関連】安倍内閣をウラで操る「日本会議」の狙いとは?

“ジョーカー”を隠し持つ中国人民銀行

財政ファイナンスに突き進む中国

一部には、「世界同時バブル崩壊」を懸念しているプロフェッショナルも存在しています。が、そういった悲観論は、今のところは無用でしょう。

上海総合指数 日足(SBI証券提供)

上海総合指数 日足(SBI証券提供)

こういった「悲観論」に流れるプロフェッショナルな人々は、「国家の独自の通貨発行権」(またの名を「財政ファイナンス」とも呼ぶ)という「絶大な力」の存在を忘れてしまっているのです。

ちなみに、いま現在進行形の「ギリシャ悲劇」は、ギリシャがユーロに加盟することで、ギリシャがドラクマなどの「ギリシャ独自の通貨発行権」を放棄してしまったことが原因で生まれているのです。

サブプライム危機後のアメリカ経済も、アベノミックスによって再生し始めている日本経済も、2014年の欧州ソブリン危機後のユーロ圏経済も、この「国家の独自の通貨発行権」すなわち、財政ファイナンスによって景気回復を果たしています。

中国政府も、この「独自の通貨発行権」を保有しています。「通貨発行権」により、国家(=政府および中央銀行)の信用の名の下で、紙幣をほぼ無尽蔵に発行できるということです。いざとなれば、中央銀行がマネーをジャブジャブジャブジャブと刷り続けて、株価下落を止められるということです。

いまだからこそ効く人民銀行の金融緩和

幸い、今の中国経済はインフレ(消費者物価指数)は鎮静化されているのに、生産者物価が下落の一途をたどり、深刻なデフレ懸念と戦っています。

「生産者物価で深刻なデフレ懸念」があるということは、中国政府と人民銀行には、ハイパーインフレを恐れることなく、もっともっとジャブジャブマネーを刷り続ける余地があるということです。

中国経済こそ、生産設備などの供給力が上回り過ぎていて、供給が需要を大きく上回っています。中国には、需給ギャップが存在し過ぎているのです。こういう需給ギャップが大きい時には、人民銀行の金融緩和策は景気浮揚に効きます

その証拠に、中国の不動産バブルを眺めてみると、主要都市の住宅販売価格は、2014年6月あたりから崩壊し始めていました。が、今年2015年初頭あたりから底打ちが確認されるようになりました。北京・上海などの大都市では、今年3~5月に入ると、住宅価格は価格上昇に転じています。

政府による規制緩和(住宅投資の頭金への規制を緩和しました!)と人民銀行による金融緩和の継続が、功を奏したわけです。

それでも、中国経済全体の失速は止まらず。今年に入って、中国政府は「遠大なインフラ投資」の計画を発表します。積極財政へと打って出たわけです。

すなわち、中国政府は、今年に入って、まるで慌てているようかのように立て続けに、「新シルクロード構想」「アジア・インフラ投資銀行構想」などの「強引かつ遠大なインフラ投資」計画を発表します。これらの「遠大なインフラ投資」計画は、積極財政を意味しています。

これらの「強引かつ遠大なインフラ投資」は、遅かれ早かれ、中国の景気の下支えには、有効になるはずです。

早ければ今週末にも?中国人民銀行のサプライズに要注意

今後の見通しとしては、今週末あたり(?)に、中国人民銀行は重要な発表をすると思います。繰り返しお伝えしておりますが、中国は、ギリシャとは違って、「中国独自の通貨発行権」を保有しています。

中国人民銀行は、「中国版バズーカ砲」とも呼ぶべきものを発表するのではないのか?今週末には、ジャブジャブマネーによる「無尽蔵な株価買い支え」みたいな「赤裸々な内容の金融緩和政策」の発表も辞さないと思います。

Next: 長引くギリシャ問題。ユーロ版マーシャルプランはいつ実現?

1 2

有料メルマガ好評配信中

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート

[月額16,200円(税込) 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「マクロ金融・資産形成 de あそぼ♪」の筆者:藤井まり子が、金融資産3,000万円以上の読者に向けて送る「富裕層向けの資産形成のプレミアム・レポート」。第一メルマガ「~de あそぼ♪~」が、「結論と要約だけ知りたいし、具体的に何をしたらよいの教えてほしい」と熱望しておられる愛読者様に、是非ともお勧めです。この第二プレミアム・メルマガの購読者の方々は、ゴールド会員として、よりきめ細やかなアドバイスも、常時双方向で無料提供します♪年金不安なんか、ぶっ飛ばしましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい