fbpx

「毎日もやし」作戦ではお金は貯まらない。本当に見直すべき無駄使いとは?=川畑明美

あなたは「節約しよう!」と思ったとき、何から節約しますか?この問いに対して「食費」と答える方は多いです。しかし、それではお金は貯まらないでしょう。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

わざわざ険しい道を選ばないで…。優先的に節約すべきものとは?

毎日もやしを食べなくちゃ?

みなさんは「節約しよう!」と思ったとき、何から節約しますか?

この問いかけに対して「食費」と答える方は多いです。

以前、ファイナンシャルプランナーの私が小学校のPTAの会で話す機会があったのですが、「それじゃぁ、毎日もやしを食べなくちゃ!」と言ったママさんがいて、私は吹き出しそうになるのを我慢しました。

節約のリバウンドに要注意

節約は、生活習慣を見直すことです。

無理に食事や消耗品などを我慢すると、元に戻ってしまう可能性が高いのです。

ダイエットのリバウントと同じですね。

最初に目を向けるべきは「固定費」

最初に目を向けるのは固定費です。固定費とは、毎月必ずかかる費用です。簡単に言うと、銀行引き落としになっている費用を「固定費」と考えてもいいでしょう。

まず、固定費を見直さないと節約は軌道に乗りません。見直しやすいのは、保険料通信費です。

我が家も子どもたちがスマホを持ちたいと言い出してからは格安スマホにしました。結果、ガラケーよりも安くなりました。

また、電気代も見直してください。契約アンペアを変更すると基本料金が安くなります。オール電化でアンペアが下げられない場合は、電力会社を変更も検討しましょう。

オール電化かガス併用なのかなど、ライフスタイルによって変化します。我が家はガス併用なので、東京ガスに変えてから使用料が増えても年2万円ほど節約できました。

まずは固定費を見直してから、現金で購入する食費や消耗品などの変動費を見直しましょう。

image by:walterericsy / Shutterstock.com

教育貧困にならないために』(2018年8月20日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい