fbpx

60代では遅すぎる!老後資金の準備を早く始めたほうがいい明確な理由=川畑明美

何歳くらいで老後資金を意識するのがちょうどいいと思いますか?60代になってから、慌てて老後資金の準備をし手も間に合いません。その理由について解説します。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

自分のためにお金を使える60代になろう!

老後資金で募集すると、集まるのは60代が多数

「老後資金」を何歳から意識していますか?

私個人的には、30代から意識して家計に投資を取入れ、準備してきました。

ところが、ネット広告で「老後資金」をキーワードに集客すると60代の方が応募してくるのです。

少し厳しい言い方ですが、60代では老後資金を作るには「遅すぎ」ます。

労働収入が途絶える前に、慌てて家計に投資を取り入れたとしてもやり直しがきかないので、リスクを取ることができないのです。

私の個人的な感覚では「60代はお金を使う時期」と思っていたのですが、世間一般的な考え方でないのだと思い知らされました。

当メルマガの読者さんはできる限り早く、一歩を踏み出してくださるのを切実に祈るばかりです。

自分のためにお金を使える60歳代

家計に投資を取り入れるのでしたら、30代40代から始めると資金も少なく済みますし、リスクも取れます。

投資とは、未来予測なのです。

予測が外れることも想定して安全資産もある程度確保すべきなのです。

投資のリスクとリターンは、表裏一体なのでリスクを取るということは、大きく増やせる
ことなのです。

理想を言うと、60代までに一定の資産を築いてそこから、第2の人生を生きる仕事のステージへの開業資金にして欲しいと思っています。

もう、企業に雇われて働くのではなく、家族のために働くのではなく、自分と社会がより良くなるために事業を開始するのが60代だと思っています。

せっかく、この世に生まれてきたのですから生活するだけで終わらず満たされて充実した人生にしたいですね。

【関連】なぜ赤字で還元してまで消費税を上げる?ドタキャンも視野に入れた政府の狙いとは=斎藤満

【関連】トランプ勝利で終わった米中会談、90日後の大波乱を予感させる米国市場の異変とは?=近藤駿介

【関連】節税できても損をする?確定拠出年金に潜む罠~大増税時代に備える投資の教科書=俣野成敏

image by: Memory Stockphoto / Shutterstock.com

教育貧困にならないために』(2018年12月1日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい