fbpx

アメリカの小売りが貧苦のどん底、大手百貨店チェーンJC Penny社では追加リストラも…

2万人近い従業員を抱えるアメリカの小売りチェーンShopko社がついに倒産。ほかにも、大手百貨店チェーンJC Penny社などが苦しい状況を迎えているようです。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2019年1月17日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

消費不況で、米国の小型店舗チェーンは次々アウト

米国の小売チェーンShopko社が倒産

2ae91422

人口1万人以下の小さな田舎町を中心に、約300店舗以上を展開している米国小売チェーン従業員1万8,000人のShopko社も倒産する状況となりました。

出典:Door County Daily News.com

過疎地域専門に展開する小型店舗の小売チェーンのShopko社は、昨年末より会社更生法申請の噂が出ていましたが、とうとう1月15日に破産管理裁判所に破産申請を提出。

同社は昨年12月に39店舗の閉鎖、薬局部門をKroger社、HyVee社に売却すると発表していた。

別の記事では、もう少し詳細が判ります。

Shopko社へ医薬品を納入しているMcKesso社によると、Shopko社は1月15日に破産管理裁判所に会社更生法を申請するとのこおである。

McKesson社は、Shopko社に2018年11月11日以降だけで67M$の医薬品等を納入しているが、昨年12月初頭以降全く売掛金に対する支払いをしていないとのことだ。

McKesson社は裁判所判事に対し、同社が納入した医薬品等の販売をShopko社に差し止めを申請した。

McKesson社の代理人Jeff Garfinkle弁護士は、この申請の中でShopko社は1月15日に破産保護申請を提出すると明言した。

Shopko社側のStephen Hackney弁護士は、販売差し止めは購入を求める患者の症状を悪化させると反論した。

これを受けて、ブラウン郡巡回裁判所のWilliam Atkinson判事はMcKesson社側の要請を却下した。

出典:CHANNL3000.com(1月9日公開)

会社再生を図るのか、それとも清算整理するのか?どちらにしても未来は厳しく暗い。

Next: 売上の減少が続く、アメリカの大手百貨店チェーンJC Penny社は今後…

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー