fbpx

本当の意味で楽して稼ぐ株式投資とは?一番大切なリスク管理が自然と身に付く考え方=石川臨太郎

株式投資をするなかで、お金だけでなくさまざまなものを得ることができました。末期がんの宣告を受けた私が、若い甥に伝えたい資産形成のヒケツを書いています。(『億の近道』石川臨太郎)

【関連】株価とは何か?ガンで余命宣告を受けた私が若い甥に伝えたい「資産形成のための方法論」=石川臨太郎

【関連】投資力を磨き上げれば、一流は無理でも「超二流」投資家になら誰でもなれる=石川臨太郎

【関連】投資はずるくて汚いやつしか稼げない世界?株で20億稼いで溶かした先輩の本音は…=石川臨太郎

株式投資で得たものは、お金だけではない

メルマガ『億の近道』編集部より

この特別コラムは、石川臨太郎氏が治療の合間に書き下ろしたものです。現在闘病中のため、定期的に掲載できるかどうか分かりませんが、気力体力の続く限り書けるときに書きたいとの意思ですので、寄稿があったら掲載するというペースで続けたいと思います。ぜひご愛読下さい。

なお、コラムの感想や石川臨太郎氏への励ましのメッセージなどがあれば、投稿フォームを開設致しましたので、ぜひご利用下さい。

お金→自分の好きなことをする自由→人生の充実

私が株式市場で得たものは、まずお金です。資金を加速度的に増やすことができました。

私は投資でも仕事でも、最小のエネルギー投入で最大の成果、メリットを得ることを考えて行動してきました。

たとえば株式投資についていうならば「楽して稼ぐ」という言い方をしています。これは何も、勉強や努力をしないで棚ぼた式に儲けることではありません。

信用取引を利用して、儲かるときは精神的に高揚しますが、追い込まれていつ追証がかかるか、いつ市場から強制退場を宣告されるか。このような精神的な苦痛を絶対に受けない、精神的に余裕がある楽な株式投資を志し実践することです。

最小のエネルギーで最大の成果を得ることで、自分の持つエネルギーを一番有効に活用できると考えているのです。

株式市場で得たお金を株でさらに増やすばかりでなく、一部を日本のワンルームマンションや香港のファミリーマンションに投資することにより、不安的な株式投資での収益を、安定的な家賃収入に切り替えるということも実行してきました。

香港のマンションは、現地の不動産価格が暴騰し現地通貨建てで買値の3倍になったとき売却しましたが、ワンルームマンションは国内に10室所有していました。

このワンルームマンションは妻の強い希望で、すべて売却することに決めました。

香港のファミリーマンションを購入したのは中国で天安門事件が起きた直後でした。天安門事件の直後に香港に投資する勇気があったのも、株式投資を実行して利益を得ていたことによる安心感からでした。株式投資で利益を得ることで、お金が着実に増加していきました。

2005年は日本の株式市場が非常に好調で、儲けることより損をしないことに重点を置いている、投資家仲間に言わせるとリスクを取らない株式投資家である私の株式投資でも、資産増加額が過去最大のものになりました。

その後にライブドア・ショック、リーマン・ショック、東日本大震災と株式市場に大きな暴落が襲ってきて、私の株のポートフォリオも被弾して、大きなマイナスとなりました。

しかし、現物投資しかしていない私は生き残り、アベノミクスのおかげで株で大きく稼ぐことが出来ました。

Next: 株式投資でお金を得られたことで、本当に得られたものとは…

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい