fbpx

ZOZOの下落にも表れていた!インサイダー情報をも読み取るモメンタム投資とは=八木翼

ファンダメンタル投資やテクニカル投資がありますが、ほんとうに勝てるのでしょうか?勉強を進めていくうちにたどり着いた、モメンタム投資について解説します。(『バフェットの眼(有料版)』八木翼)

※『バフェットの眼(有料版)』では、読者からのリクエストも踏まえ、毎号さまざまな企業を詳しく分析しています。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

投資を勉強した末にたどり着いた、モメンタム投資とは何なのか?

株価には「勢い」しかない!そして「勢い」は継続する

モメンタム投資というのは、勢いに投資する投資手法のことです。

「勢い?なんじゃそりゃ?テクニカルの話か?」と思われる方が多いと思います。

しかし、実は私、投資を勉強していけばいくほど、ファンダメンタル投資とテクニカル投資の境界が、ものすごくあいまいになっています。

そして、それこそが正しい投資の答えなんじゃないかと思っています。

そして、もっとも納得いく投資手法は、「投資は需給」という概念です。

いわれてみれば当たり前なんですが、株価というのは、誰かが売って、誰かが買うから値が決まります。つまり、需要と供給がバシッとはまった部分が、株価です。

そして、それはテクニカルだろうが、ファンダメンタルだろうが、ごちゃ混ぜになっています。

つまり、需給の中に「ファンダメンタル投資」も「テクニカル投資」も含まれているわけです。

Cis氏の本「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」に書いてありました。

私の結論は、「株価には、勢いしかない」です。

そして、勢いは継続するというものです。ファンダメンタルも、テクニカルもどちらの要因も予測できません。

僕も最初のころは、企業をしっかり分析すれば、誰かが考慮していない企業の可能性を見つけることができ、割安株、割高株を見つけ、そこでじっと待っていれば、株価が勝手に上がっていくと思い込んでいました。

しかし、残念ながら、それらは基本的にはすべて織り込み済みの情報です。

なぜなら、僕たちよりこの情報に精通している人たちが、株式投資をしているからです。

もちろん、にわかには信じがたいかもしれませんが、Cis氏はインサイダーのにおいを株価を見て感じ取っています

Next: モメンタムを極めれば、インサイダーを株価から感じ取ることもできる?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい