fbpx

株価とは何か?ガンで余命宣告を受けた私が若い甥に伝えたい「資産形成のための方法論」=石川臨太郎

株価とは、企業の価値そのものなのでしょうか?末期がんの宣告を受けてから、若い甥のために資産形成の方法などを伝えたいと思うようになりました。(『億の近道』石川臨太郎)

【関連】1987年10月19日「ブラックマンデー」の思い出と教訓=石川臨太郎

株価は企業の価値そのものではない。投資家は何を買っている?

筆者・石川臨太郎氏より読者の皆様へご挨拶

体調が悪くなったので設備のある大病院でCTの検査などを受け、末期がんで余命は2か月から、頑張って1年という告知を受けました。

いままで私は長生きしすぎてお金が足りなくなるリスク(=可能性)ばかりを意識して生きてきましたが、貯めてきてこれから使おうと考えてきたお金を、まったく使えないで死んでしまうdanger(=危険な出来事)に正面衝突してしまったことになります。

貯めたお金は、子どもがいない私はすべて妻に残して、妻と2年前に保護した、今ではすっかり家猫になり私や妻を癒やしてくれるゴモク(=猫の名前:黄色と黒と白のメスの三毛猫)が1人と1匹で一生を生活費に不安なく過ごしてもらえたら十分に満足だと感じています。

メルマガ『億の近道』編集部より

この特別コラムは、石川臨太郎氏が治療の合間に書き下ろしたものです。現在闘病中のため、定期的に掲載できるかどうか分かりませんが、気力体力の続く限り書けるときに書きたいとの意思ですので、寄稿があったら掲載するというペースで続けたいと思います。ぜひご愛読下さい。

なお、コラムの感想や石川臨太郎氏への励ましのメッセージなどがあれば、投稿フォームを開設致しましたので、ぜひご利用下さい。

甥っ子に伝えたい「投資」のこと

いままで、彼にはあまり投資のことを話したことはありませんでした。しかし末期がんの宣告を受けてから、忙しい仕事の合間に会いに来てくれた甥のために、資産形成の方法などを伝えたい、と思うようになりました。

アレルギー体質という薬に弱い体質で、抗がん剤の点滴でも1回目も2回目も副作用が出て、退院が予定より遅れているのですが、高熱が出ないときは、頭はクリアーで、パソコンも使えるので、ブログなどには甥のために、いま20代後半と、30代前半の2人の甥のために書いている内容を、当メルマガ『億の近道』の読者の皆さんにも参考にしていただこうと考えて、この文書を作成しました。

幻影にすぎない?株価とは何なのか

いま米国と中国の関税戦争や、先端技術の競争で、中国のハイテク企業の副社長が拘束されたり、米国の長期金利と短期金利がフラット化した恐怖から、米国株もフリー落下を始めた感じで、日本企業、特に世界的に事業を展開する流動性の高い株は、どれほど業績が良くても株価が下げ続ける状況です。

日本の株式市場は米国株の下落と共に、さらに下げる様相を示しています。

夜明けの前が一番暗い。そんなことも頭をよぎります。しかし夜が明けても大嵐がきていると株価は戻らない可能性も十分に考えられます。

増益を続けている昭和電工や東海カーボンの株価も、SUMCO、三菱商事、伊藤忠商事の株価も私が思っていた以上に安く売り込まれています(※編注:原稿執筆時点2018年12月11日)。

その他にも狙っていた高技術株の株価が驚くほど下げてきました。前年同期比で増収増益なら、過去数年なら株価が一度は上がり、利食いである程度下げても、すぐにリバウンドが起こることが多かったのです。

ところが今は、いったん上げてもその後は上昇前の株価を下に突き抜けて下げてしまうことが多くなりました。場合によっては上げることもなく、下げてしまうことも起こります。

私は株価は企業の本当の価値(=本質的な価値=事業価値+資産価値)の影だと常に考えてきました。私をNPO法人イノベーターズ・フォーラムに紹介してくださった恩人である山本潤氏は、最近意見交換した時に株価は幻影にすぎないと表現しました。

株式市場で毎日変動する株価とは何か。この大事なことを多くの投資家は考えずに投資しています。多くの投資家は株価とは企業の価値そのものだと勘違いしているようにも見えます。株価だけを追いかけて下げたと嘆き、上げたと喜ぶ。

投資家としてではなく、ほとんどの人は丁半バクチ打ち、ギャンブラーになってしまったような印象を受けます。

Next: 株価は企業の価値そのものではない。では、投資家は何を買っているのか?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい