fbpx

米国景気は悪化している?大型トレーラーの受注が前年同月比68%の大幅減少の実態

2019年1月の大型トレイラー用リグの受注、鉄道輸送量が大きく減少しています。これは何を示しているのでしょうか、過去のデータと比較しながら解説します。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2019年2月19日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

圧倒的に多いクラス8のトレイラー用リグで受注が大幅減少

クラス8トラック、前年同月比で68%減の1万5,800台へ

2019年1月の大型トレイラー用のリグ、クラス8トラックの受注が1万5,800台へ大きく減少し、これは前年同月比で68%下落、前月比で26%減少となりました。

クラス5、6、7の分類グループで見ると、2万3,400台で前年同月比で24%減少しており、前月比で3%と少し増加しています。

クラスに関して簡単に説明します。総重量で分けています。

クラス1、2、3が軽トラック、クラス4、5、6が中型トラック、クラス7、8が大型トラックです。大型の場合クラス8が圧倒的に多く、クラス7は少ないのです。

ア

★(ア)を参照下さい。これは一番左の緑色折線が2019年1月の大型トラックのクラス8のリグの受注台数です。

米国トラックメーカーの受注台数ですから、米国だけでなく、カナダ、メキシコ、その他の輸出も含まれます。後ろの青色折線グラフは2018年通年の受注実績です。

つまり、運輸業者は昨年に過剰に発注してしまったのですから、急激の需要減退となれば、大きく新規発注を削らねばならないのです。今後も運輸業者の発注は減るでしょう。

イ

★(イ)のグラフはSL地区連銀のグラフです。

総重量が1億4,000万ポンド以上の中型、大型トラックの米国小売販売台数(季節調整済み年率換算)です。右端2019年1月は、48万8,000台と減っています。

なお、中型トラックとはクラス4、5、6、そして大型トラックはクラス7、8です。

過去2回の不況期の販売落ち込みと現在を赤枠で示しています。

消費量は、輸送量に直ぐに影響を与えるものです。

Next: さらに裏付ける、鉄道輸送量のデータ推移は?

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー