fbpx

記者に終身刑も。IS原油密売の露呈を怖れるトルコ大統領の言論封殺

犯罪的行為を暴いたジャーナリストが「スパイ罪」で逮捕

トルコの国家機密は「IS原油の代金として、武器をISに供与する」という、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の汚いビジネスです。

【動画】表面上は、トルコ政府からの「人道的援助物資」ということになっています。
https://www.youtube.com/watch?v=AYUI6KGgtwA

【動画】このトルコ大統領一族の犯罪的行為を暴いたジャーナリスト2人が、スパイ罪で逮捕されました。
https://www.youtube.com/watch?v=h6Z6awDzUXU

【動画】トルコ及びサウジがISISを支援しているとのISの証言です。
https://www.youtube.com/watch?v=_4MfE9vT7g0

現在、世界の視線はトルコ大統領のIS原油密売ビジネスにフォーカスされています。エルドアン大統領の息子、ビラル・エルドアンが運営する海運会社によるIS原油密輸専用埠頭等の報道も出ています。

そしていよいよ、そのISが売却した原油をいったい誰が買っているのだろうか?という疑問に世界は注目しだしているのです。

世界が「トルコ大統領一族の犯罪的行為は事実」と感じはじめた

これまで大統領の息子の「汚いビジネス」は噂レベルだったのですが、これはどうも事実ではないか?と世界は感じはじめています。

その理由は、エルドアン大統領が報道記者2人を訴追したからです。それも「名誉毀損」の罪ではなく「スパイ」の罪です。これで2人の記者は終身刑を受ける可能性が出てきました。スパイとは、国家機密(当然それは事実)を漏洩した罪にあたります。

これに関して2人の報道記者は、
「報道とは政権を守るために存在しているのではなく、事実を伝えるためのものだ。不正義を働いた者を罰するのではなく、事実を報道した者を罰するのは不正義である」
と陳述したそうです。どこかの国の報道機関に聞かせたい言葉です。

写真左側は終身刑の可能性がある2人のジャーナリスト。右側の人物2人はトルコ大統領とその息子です。

【関連】ロシア機撃墜にも関与?イスラム国を支援するイスラエルの狙い=高島康司

【関連】「ISをトルコ、米国が支援」これだけの証拠~密売石油は日本へも

【関連】イスラム国と裏で繋がるトルコ・エルドアン大統領の「B層」扇動術

【関連】カネの流れで考える「米国の本音」これからの中東情勢とIS問題=矢口新

1 2
いつも感謝している高年の独り言(有料版)』(2015年11月30日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額660円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー