fbpx

アマゾンの現PERは65倍、バリュー投資家で知られるバフェットがそれでも投資したワケ=栫井駿介

「利益を出さない企業」がついに利益を出した!

ところが、これらの指標があまり意味を持たない場合もあります。例えば、成長企業は現時点での利益が少なく、PERは高くなります。しかし、将来大きく利益が伸びるなら、多少PERが高かったとしても割高とは言えない場合があるのです。

アマゾンもこのような考え方で捉えることができます。同社は巨大でありながら「利益を出さない企業」として有名だからです。

【関連】賢人バフェットはなぜ「10年前のアマゾン株」を買えなかったのか?=栫井駿介

しかしながら、最近は少しずつ利益を出すようになってきました。2018年の営業利益は2017年の3倍になっています。

これには、世界最大シェアを誇るクラウドサービス「AWS」が貢献しているのは間違いありません。

クラウドは、企業が一度導入してしまえば切り替えることが難しく(スイッチングコストが高く)、経済の堀が深いと言えます。事業の変動費も小さく、限界利益の大きなビジネスです。

デジタルの世界はデファクトスタンダードを取ることが競争を勝ち抜く要件ですから、クラウド事業の圧倒的なシェアは、バフェットにとって魅力的に映ったのかもしれません。

例えば、AWSの拡大でトータルの利益がさらに3倍に伸びれば、現在65倍のPERも22倍となり、決して割高ではないと見ることができます。成長企業の価値を見る時にはこのような観点も必要です。

Next: 現在のPERだけを見ていては将来の価値はわからない

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー