fbpx

アマゾンの現PERは65倍、バリュー投資家で知られるバフェットがそれでも投資したワケ=栫井駿介

「利益をもたらす期間」に着目せよ!

クラウド事業だけではありません。現時点であまり利益の出ていない小売ビジネスもバフェットやバークシャーのメンバーを惹きつけた可能性があります。

アマゾンがEコマースの覇者であることは、もはや論を俟たないでしょう。拡大を続けるEコマースの世界でこれだけの地位があれば、そう簡単に覆されることはありません。

「簡単には覆されない」ビジネスは、長期にわたって利益をもたらし続けます。そして、企業の価値は将来もたらされる利益の総和ですから、利益をもたらす期間が長ければ長いほど、価値は大きくのなるのです。

例えば、10億円の利益が10年続く企業の価値は100億円しかありませんが、30年続くなら300億円となります。つまり、前者の適正PERは10ですが、後者は30になるということです。(実際はもっと複雑ですが、説明のため単純化しています。)

アマゾンがEコマースの覇者であり続ける限り、利益をもたらす期間は長いと考えられます。もし今後30年同社がトップを走り続けるとしたら、現時点のPERが65倍でも決して割高ではないと言えるのです。

このように、利益をもたらす期間に焦点を当てれば、20年、30年先の未来を見据えた投資ができます。これでこそ真の長期投資と呼べるでしょう。

アマゾンへの投資から、長期投資の真髄を学ぶことにしましょう。


つばめ投資顧問では、株式投資による資産増加にとことん付き合うプロジェクト「スノーボール計画」を実施しています。ゆっくり幸せなお金持ちになる!「スノーボール計画」にあなたも参加しませんか?

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

有料メルマガ『今週のバリュー株投資』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】悪夢の民主党政権と罵ったら、実は安倍政権のほうが悪夢だと判明した18年GDP結果=今市太郎

【関連】なぜバーガーキングが大量閉店?やや高めの飲食店が大苦戦するデフレ不況の闇=児島康孝

【関連】NHK受信料、カーナビも義務へ。ワンセグ携帯裁判では「NHKから国民を守る党」党首も敗訴

image by: pixinoo / Shutterstock.com

1 2 3

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2019年5月8日号)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー